ソニー傘下、KDDIとスマホ向けARサービスを開始

スポンサーリンク

ソニー傘下、KDDIとスマホ向けARサービスを開始

ソニー傘下のソベック(SoVec)が、KDDIと共同でARサービスを開始します。

すでに第1弾として、日常空間にARを表示させるアプリ「XR CHANNEL」を8月31日から提供開始。

このアプリでは、スマートフォンやスマートグラスに搭載されたカメラ越しの画像から空間を認識するVisual Positioning Service技術を活用。横浜DeNAベイスターズからコンテンツ提供を受け、実際の街の中でスマホを向けると、ベイスターズの選手が表示されます。

スタート時点では、東名阪、横浜および沖縄エリア利用可能。

リンク:sovec.net

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク