台湾シンクタンクレポート、有機EL搭載iPad Pro・MacBook Proが2022年発売

スポンサーリンク

台湾シンクタンクレポート、有機EL搭載iPad Pro・MacBook Proが2022年発売

台湾の通信業界向けメディア・シンクタンク、Digitimesによる最新レポート。

それによれば、Appleは2022年、ディスプレイにOLED(有機ELディスプレイ)を搭載したiPad ProとMacBookProを発売するとのこと。またiPad Proに関しては、12.9インチと10.9インチが用意されるそうです。

OLEDを搭載するiPadについての噂が出てきたのは今回が初めてではありません。以前は韓国のレポートにて、OLEDを搭載したiPadの発売が伝えられていました。

とはいえ、今年発売の新型iPadPro・MacBookProにてミニLEDディスプレイの搭載が既定路線であることを踏まえると、今回の話が事実である場合、早急すぎる商品展開に。すなわち、今回のレポートは、いささか疑わしいものと言わざるを得ません。

くわえてDigitimesによると、Appleは現在、iPad・MacBookにてミニLED、マイクロLED、OLEDの搭載に向け開発を進めているとのことです。

Source

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク