噂:新型「PS5 Pro」、2023年末ごろ発売。Zen4採用で性能2倍、独自の超解像技術も

スポンサーリンク

噂:新型「PS5 Pro」、2023年末ごろ発売。Zen4採用で性能2倍、独自の超解像技術も

かねてから発売が噂されている「PlayStation 5 Pro」ですが、ここにきて新たな情報が寄せられています。

PS5 Proの性能、搭載CPU、発売日などがリーク

今回、YouTubeチャンネルRedGamingTechが伝えるところによれば、新型ゲーム機「PlayStation 5 Pro」は、2023年末から2024年にかけて発売

スペック的には、標準モデル(PS5)に比べ通常時で2倍、レイトレーシングでは2.5倍の性能アップがなされるものに、今後発売予定である「PlayStation VR2」タイトルにおいて、より優れたユーザーエクスペリエンスが提供できるよう設計されています。

くわえて、高度な再構成技術(超解像技術)が用いられているのもその特徴。これに関しては、AMDのFSR2等を採用するのではなく、ソニー独自の研究に基づいたテクノロジーが採用されている様子。

そのほかチップセットにおいては、台湾TSMCの5nmプロセスを搭載予定。このSoCは、Zen 4コアテクノロジーからなっており、ハイパフォーマンスコンピューティング(データの処理と複雑な計算を高速で演算する機能)向けに設計されています。またさらには、Apple M2同様、TSMC4nmプロセスが使われる可能性もあるとのこと。

いずれにしろ、Zen2コアテクノロジーからなる現行PS5から、大幅な性能アップが期待できるものとなっています。

アナリストなどの意見

PS5 Proのリリースに関しては、前々からチラホラと情報が寄せられており、アナリストのマイケル・パクター氏は2023年の発売を予測していました。

またテクニカルライターの西川善司氏は2019年、”ここ最近のゲーム業界に流れる話”として、PS5 Pro登場の噂を伝えています

SOURCE:Wccftech

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク