「iPhone 14」の本体デザインが初リーク。CADレンダリング画像が初公開

スポンサーリンク

「iPhone 14」の本体デザインが初リーク。CADレンダリング画像が初公開

2022年新型「iPhone 14」の本体デザインが分かる、CADベースレンダリング画像が初公開。

先日の「iPhone 14 Pro」のCADAデザインリークに続き、全貌が明らかにされるものとなっています。

本体デザイン

先日リークされた「iPhone 14 Pro」と異なり、この「iPhone 14」のデザインは、現行「iPhone 13」から基本的に変わりません。

パンチホールノッチほか細やかなデザイン変更がなされ、高級感が増したiPhone 14 Proとの違いが見られます。

・本体サイズはiPhone 13と同じ

・画面サイズもiPhone 13と同じ6.1インチ。ノッチもそのままの大きさで存在します。

・本体右側面には電源ボタンとSIMトレイ、左側面にはボリュームロッカーがそれぞれ存在。

変わっっている箇所もある

・一方で背面デザインとしては、マイナーリフレッシュにより、カメラハウジングを囲むガラスフレーム部分が厚くなっています。

・メインカメラはデュアルカメラから変わりません。LEDフラッシュもそのまま。

・本体下部には、スピーカーグリル、マイク、充電用のLightningポート

【関連記事】

iPhone 14 Proの本体デザインが初リーク。CADレンダリング画像が公開 次期モデル「iPhone 14 ...

SOURCE:MYSMARTPRICE

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク