iPhone 14 Proの本体デザインが初リーク。CADレンダリング画像が公開

スポンサーリンク

iPhone 14 Proの本体デザインが初リーク。CADレンダリング画像が公開

次期モデル「iPhone 14 Pro」の全貌が初公開。本体デザインが分かる、CADベースレンダリング画像が公開されています。

本体デザイン

これまでのiPhoneに比べ、新しい外観デザインになると噂されてきた「iPhone 14」「iPhone 14 Pro」シリーズ。

フラッグシップモデルとなる、この「iPhone 14 Pro」にしても、デザインが大きく変わり、Face IDセンサーとセルフィーカメラを搭載するための小さな円形(ピル型)のノッチが存在するものとなっています。

それぞれ見ていくと、本体正面はすべてのコーナーには左右対称のベゼルが存在し、さらに上部ベゼルにはスピーカーグリルが収納。これにより、端末の高級感がぐっと増しました

なおディスプレイサイズは、iPhone 13 Proと同じく「6.1インチ」となっています。

そして、本体右側面には電源ボタン、左側面にはボリュームロッカー、SIMトレイが配置。

一方、背面デザインとしては、iPhone 13 Proから変わりません。

モジュール部には、おなじみのトリプルカメラセンサー、LEDフラッシュ、マイク、LiDARセンサー

本体下部には、スピーカーグリル、マイク、充電用のLightningポート

スペックなど

なおこれまでに伝えられているスペックとしては、iPhone 14 Pro(および14 Pro Max)は、新型A16 Bionicチップセットを備え、メモリ容量は6GB。一方iPhone 14は、これまでと同じデザインを備え、チップセットもA15 Bionic 。

また、iPhone 14 Proシリーズは、メインカメラが48MPセンサーになると予想されています。

SOURCE:91mobiles.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク