Galaxy Watch (Gear S4)、スペックリーク情報まとめ5トピックス

スポンサーリンク

サムスン Galaxy Watch (Gear S4)、スペックリーク情報まとめ5トピックス

【更新情報】

8/10:「④:主な特徴・機能の紹介」「①:Galaxy Watch (Gear S4) の発売日&価格」「②:Galaxy Watch のスペック」

ーーー

サムスンの人気スマートウォッチ「Gear S」シリーズ。 「Gear S4」こと、正式名称「Galaxy Watch」が発表されました。

New➾①:Galaxy Watch (Gear S4) 発売日&価格

正式モデル名:Galaxy Watch

発表日:2018年8月9日発表済み

発売日:海外9月14日

価格: LTEモデル-375ドル(42mm)/ 400ドル(46mm)、ブルートゥースモデル-330ドル (42mm)  / 350ドル (46mm)

New➾②:Galaxy Watch のスペック

・正式モデル名:Galaxy Watch

OS Tizen ベース wearable OS 4.0
ディスプレイ 1.3インチ(46mm)/1.2インチ(42mm)Super AMOLED
解像度 360×360
メモリ 768MB(ブルートゥースモデル)/1.5GB(LTEモデル)
記憶容量 4GB
チップセット Exynos 9110 デュアルコア 1.5GHz
ガラス Corning Gorilla Glass DX+
本体素材 ステンレススチール316L
SIM Electronic SIM card (e-SIM)
サイズ 49 x 46 x 13 mm(46mm)

45.7 x 41.9 x 12.7 mm(42mm)

NFC サムスンPay
重さ 63g(46mm)/49g(42mm)
防水防塵 IP68 +5 ATM
耐久 MIL-STD-810G
Wi-Fi 802.11 b/g/n
ブルートゥース 4.2
バッテリー 472mAh /270mAh
バッテリー持ち 46mmモデル;最大168時間持続、42mmモデル;最大120時間持続
カラー シルバー(46mm)、ミッドナイトブラック、ローズゴールド (42mm)
その他 Always-on display
スマホとの互換 サムスン機: Android 5.0以上 & メモリ1.5GB以上

ほかAndroid機: Android 5.0 以上

iPhone 5 以上、iOS 9.0 以上

New➾③:本体デザイン

・新たに42mmモデルが登場

左:46mm 右:42mm

・バンドサイズごとに、用意される本体カラーが異なる

46mmはシルバー、42mmはミッドナイトブラックとローズゴールド

New➾④:主な特徴・機能の紹介

【新モデルの追加】

これまでの46mmモデルに加えて、より小さな42mmモデルも登場

【ブルートゥースモデルとLTEモデルがリリース】

共にGPS機能を搭載。メモリ容量が両モデルで異なり、768MB(ブルートゥースモデル)と 1.5GB(LTEモデル)。

【価格は最安330ドルから】

価格: LTEモデル-375ドル(42mm)/ 400ドル(46mm)、ブルートゥースモデル-330ドル (42mm)  / 350ドル (46mm)

【防水防塵、耐久性】

IP68防水防塵、5ATM圧力、耐久MIL-STD-810G規格に準拠

【ディスプレイ】

1.3インチ(46mm)または1.2インチ(42mm)。共にGorilla Glass DX +搭載

【バッテリー持ち良し】

1階の充電で、46mmモデルは最大168時間持続、42mmモデルは最大120時間持続

図の単位は「分」ではなく、「時間」のマチガイです

【健康測定】

39種類のトレーニング(食物や水を含む)を追跡、睡眠計、ストレスレベルの評価

⑤:興味深いサムスンの特許

今後の新型端末を占ううえで、興味深いサムスンの特許の数々

・指紋認証センサー

・ストラップ部分に移動したバッテリー。大容量化し、バッテリー持ち時間がアップ

Source

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク