「ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D」を手掛けたグレッゾ、現在 Nintendo Switch用タイトルを開発中?興味深い募集広告

スポンサーリンク

「ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D」などを手掛けたグレッゾ、現在 Nintendo Switch用タイトルを開発中?興味深い募集広告

・ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D

『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』や『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D 』、最新作としては『Ever Oasis 精霊とタネビトの蜃気楼 』など主に任天堂が販売元のタイトルの開発が多い渋谷のゲームスタジオ「グレッゾ」は現在、開発人員(プログラマー)を募集中。そしてそれが現在、話題を呼んでいるようです。

人員募集のページにおける「好ましいスキル」の項目に並ぶのは次の文字。

好ましいスキル

  • Unity/Unreal Engine/C#を使用した経験

【魅力】

HD描画環境構築に参加していただきますので、自分のアイデアを新作ゲーム などに反映できるプランナー業務のような楽しさがございます。

スクウェア・エニックスで「聖剣伝説」シリーズを手がけた石井浩一氏によって立ちあげられたスタジオであるグレッゾ。2006年に設立された同社ですが、これまでは、主にニンテンドー3DS用ソフトの開発に従事してきました。

参考:

グレッゾ公式ホームページ

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク