著名アナリスト「2022年発売の iPad Air 5 は有機ELディスプレイを搭載。新型 MacBook Air(2022) はミニLEDを搭載」

スポンサーリンク

著名アナリスト「2022年発売の iPad Air 5 は有機ELディスプレイを搭載。新型 MacBook Air(2022) はミニLEDを搭載」

TF InternationalSecuritiesのアナリスト、Ming-Chi Kuo氏による最新レポート。今回は2022年次期「iPad Air 5」でのディスプレイについて。

iPad Air 5について

Kuo氏によれば、 Applは2022年モデルの次期 iPad Air において、ディスプレイにOLEDパネル(有機ELパネル)を搭載します。

発売中のモデル「iPad Air 4」では液晶ディスプレイが採用されていますが、このディスプレイの移行により、新型「iPad Air 5」では画面の最大輝度が向上、色域の改善もなされるとのこと。

MacBook Air (2022) について

ただこのOLEDディスプレイへの移行、iPad Proでは行われない様子。

Kuo氏によれば、意図しない表示が出る「バーンイン」問題などOLED特有の不具合のために、iPad ProやMacBook Air(2022年モデル)といった大型機種では、有機ELディスプレイではなくミニLEDが採用されるそうです。

なお新型「MacBook Air(2022年モデル)」に関しては、これまでも台湾のシンクタンクDigiTimesなどにより、次期モデルでのミニLEDパネルの採用が伝えられています。

SOURCE:9to5mac.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク