アナリスト「iPhone 14 Proでは、アンダーディスプレイ型Face IDが搭載される」

スポンサーリンク

アナリスト「iPhone 14 Proでは、アンダーディスプレイ型Face IDが搭載される」

パンチホールカメラを搭載したデザインへの変更が予想されている、アップルの2022年モデル「iPhone 14」。

ディスプレイアナリストのロス・ヤング氏によれば、同社はまたこの新型モデルにおいて、アンダーディスプレイ型Face ID機能の開発にも取り組んでいます。

iPhone 14シリーズ

ヤング氏によると、アップルは現在、iPhone 14 ProおよびiPhone 14 Pro Maxモデル向けにアンダーディスプレイ型のFace IDを開発中。画面下にFace ID周りの機構諸々を持ってくることで、パンチホール型デザインが可能となります。

とはいえiPhone 14がまだ開発の途上にあることを考えると、アンダーディスプレイ型Face IDは最終決定事項ではなく、今後、その搭載が中止になる可能性は十分にあり得ます。その場合は旧来のノッチスタイルのデザインに戻る見込み。

Touch ID機能の復活

なお期待される、「アンダーディスプレイによるTouch ID機能の復活」ですが、こちらはBloombergのマーク・ガーマン記者曰く、アップルは今回話題のアンダーディスプレイ型Face ID機能の開発により多くの資金投入を行っているため、Touch ID機能に戻ることはほぼないとのこと。

一方ヤング氏によれば、ノッチレスデザインはProモデルに限定され、iPhone 14に関しては引き続きノッチデザインを採用する可能性が高いものとなっています。

iPhone 14のモデル構成

iPhone 14の噂では、iPhone 12 miniがユーザーに驚くほど不評だったことからこの最小モデルが廃止。そしてサイズ構成は6.1インチのiPhoneが2モデル、6.7インチのiPhoneが2モデル、それぞれ用意される様子。

つまり、「iPhone 14」「iPhone 14 Max」「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」の計4モデル構成で発売するといわれています。

SOURCE: macrumors.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク