日経報道:2022年新型「iPad(iPad Pro)」、世界初3nm製造チップを搭載

スポンサーリンク

日経報道:2022年新型「iPad(iPad Pro)」、世界初3nm製造チップを搭載

Nikkei Asiaの最新記事によると、Appleの次期「iPad」では、TSMCの3ナノメートルプロセス製造テクノロジーを用いた新型プロセッサを採用します。発売は2022年になるとのこと。

複数の情報筋によると、現在、ApplelはTSMCの3ナノメートル製造技術を用いたチップをテスト中。このチップの商業生産は、来年後半に開始される予定です。

この新型 「iPad」 は、3ナノメートルテクノロジプロセッサを搭載するデバイスとして世界初になる見込み。なお来年発売予定の次世代iPhoneは、開発スケジュール上の理由から、4 nm技術を採用します。

TSMCによると、3 nm技術は5 nm技術に比べ処理性能を10%から15%向上させ、消費電力を25%から30%削減可能。

今回の報道が正しければ、Appleが新しいチップ技術をiPad Proで採用するのはここ数年で2度目となります。例えば、昨年9月に発売された 「iPad Air 第4世代」 では、最新5ナノメートルチップ技術を採用した、6コア 「A14 Bionic」 チップを搭載していました。

Appleが次世代の3 nmチップ技術をiPad Airでデビューさせるのか、iPad Proでデビューさせるのかは、iPad Proに軍配が上がりそうですが、まだ詳細は不明。

通常、同社は12~18カ月ごとにiPad Proをアップデートしており、2022年後半には次世代モデルが登場する可能性があります。

一方、OLEDディスプレイを備えた次世代の「iPadAir」の生産は、今年第4四半期に開始されると噂されています。

SOURCE : MACRUMOURS

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク