DIGITIMES「18年iPhoneにはトリプルレンズカメラが搭載される。1200万画素×3」

スポンサーリンク

DIGITIMES「18年iPhoneにはトリプルレンズカメラが搭載される。1200万画素×3」

中国ファーウェイの新型スマートフォン「P20 Pro」で搭載され、話題となった「トリプルレンズカメラ」。40メガピクセル f/1.8のレンズ、20メガピクセル f/1.6のモノクロレンズ、8メガピクセル f/2.4の望遠レンズを搭載し、高画質な写真撮影ができることから発表後すぐに話題となったのは記憶に新しいところ。

P20 Pro、DXOMarkで歴代最高109点を獲得。P20は2位となる102点 発表されたばかりである中国ファーウェイ...

そんなトリプルレンズカメラですが、新型iPhoneで搭載されると台湾経済メディアDigitimesが伝えています。

内容は以下の通り。

・2018年の新型iPhoneでは、1200万画素のトリプルレンズ(3つレンズ)カメラが搭載される

・このトリプルレンズカメラは、すべての新型iPhoneに搭載されるのではない。最高級モデルにのみ搭載される

・5倍光学ズームを搭載する(P20 Proと同じ)

今回の話では、トリプルレンズカメラが搭載されるのは「最高級モデルのiPhoneのみ」であるとのこと。2018年に登場するiPhoneとしては、これまで以下の4機種、

・5.8インチ iPhone X-2

・6.5インチ iPhone X-2 Plus

・6.1インチ iPhone 9

・iPhone SE 2

(端末名はすべて仮のもの)

が噂されているわけですが、トリプルレンズカメラ搭載となると該当機種は「6.5インチ iPhone X-2 Plus」でしょうか。

なお、Apple関連の予測で定評あるKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏は、2018年登場のiPhoneにおいてカメラが変更されることは無いとしています。

参考:

macrumors.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク