任天堂常務「2018年までは3DSのソフトを発売し、3DSのサポートを行う」

スポンサーリンク

任天堂常務「2018年までは3DSのソフトを発売し、3DSのサポートを行う」

新型ゲーム機「Nintendo Switch」の発売が迫る任天堂。新型ゲーム機の登場により気になるのが現在の同社のゲーム機の行方ですが、任天堂の取締役常務執行役員および企画制作本部長の高橋伸也氏はイギリスの日刊紙「デイリ―テレグラフ」とのインタビューに答え、ニンテンドー3DSを今後、2018年までは引き続きサポートすることを述べています。

インタビューにおいて、高橋氏は3DSをゲーム初心者向けの入門機と位置づけ。

「ニンテンドー3DSは価格面ではかなりお手頃だと思うし、非常に大きなソフトウェアライブラリがあるシステムです」

と高橋氏。

加えて、

「子供たちが最初のゲーム機として持つシステムとしては、3DSは非常に優れているでしょう。ですから、私たち任天堂は2017年だけでなく、2018年も3DSのためにリリースするゲームを考えています」

とのこと。

日本を含めた世界各国で2011年に発売されたニンテンドー3DSですが、これまでに全世界で6000万台の出荷を達成しています。

参考:

telegraph.co.uk

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク