ゲームボーイ・GBA互換機「Analogue Pocket」発表。ゲームギア・ネオジオポケットカラーソフトにも対応。テレビ出力できるドックもあり

スポンサーリンク

ゲームボーイ・GBA互換機「Analogue Pocket」発表。ゲームギア・ネオジオポケットカラーソフトにも対応。テレビ出力できるドックもあり

アメリカのゲームサプライメーカー・Analogueから、ゲームボーイ互換機「Analogue Pocket」が発表されました。本体価格は199.99ドル(約2万2000円)。2020年に発売予定。カラーはブラックとホワイトの2色が用意されます。

・ゲームギア・ネオジオポケットカラー・Atari Lynxのソフトもプレイ可能

本品はゲームボーイのほか、ゲームボーイカラー・ゲームボーイアドバンスなど全2700タイトル以上に対応。くわえて対応アダプタにより、ゲームギア・ネオジオポケットカラー・Atari Lynxなど往年の名機のソフトもプレイできるように。こちらのアダプタの価格発売日等はまだ不明です。

Analogue Pocketの本体デザインに目をやると、初代ゲームボーイを彷彿とさせる縦型スタイル。おなじみの十字キー&4つボタンも配置。シンプルかつスタイリッシュなモダニズムデザインは、現代のユーザーにも十分受け入れられそう。

一方、内部スペック的にはアナクロニズムの極地にあるものとなっており、3.5インチ液晶ディスプレイ(LCDディスプレイ)は1600 x 1440の高解像度。初代ゲームボーイの10倍以上となる、画面密度665ppiの高精彩を誇ります。なお各種ボタンはユーザーによるリマッピングが可能。

Analogue曰く、ディスプレイの性能は「これまでのゲーム機ではありえなかったレベル。プロユース並み」。すぐれた色再現性やダイナミックレンジ、画面明るさを擁しているとこと。ゲームボーイライトでおなじみのバックライトや、「ポケモン」シリーズや「テトリス」でおなじみの通信対戦用シリアルポートもキチンと搭載。

ほかUSB-Cポート、充電式リチウムイオンバッテリー、SDカードスロット、3.5 mmヘッドフォンジャック、音量キーなど。CPUチップセット、メモリ容量などは不明。

・テレビ出力可能なドックが用意

本品のアイデンティティー溢れる要素としては、「Analogue Dock」なる専用ドックが存在(価格不明)。別途発売されるこの周辺機器においては、Analogue Pocketの画面をHDMI出力させることが可能。すなわち、あたかもニンテンドースイッチのように、テレビやPCモニタで各種ゲームが楽しめるものに。

ドックにはUSBポートが搭載されており、各種USB有線コントローラに対応するほか、Bluetoothワイヤレスコントローラでのプレイも可能。なおリバイバル系サプライメーカーとしておなじみ、8BitDo社製Bluetoothコントローラにはすべて対応しているそう。

おもしろい試みとしては、GB音源を生かしたアナログシンセサイザー/シーケンサーソフトの「Nanoloop」が内蔵。このデバイス単体でのトラック製作ができるものとなっています。

またSuper NtやMega Sgなどといった、他のアナログコンソール同様、Analogue PocketはFGPAを搭載。これによりゲームボーイ他のソフトがそのままプレイできるほか、エミュレーションは非搭載。違法ROMソフトが動かない仕様となっています。

LINK:analogue.co

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク