ハイブリッドノートPC「ThinkBook Plus」が発表。背面に10.3型電子ペーパーを備え、Kindle・PDF表示に対応

スポンサーリンク

ハイブリッドノートPC「ThinkBook Plus」が発表。背面に10.3型電子ペーパーを備え、Kindle・PDF表示に対応

Lenovo(レノボ)は家電ショーCES 2020において、新型ノートパソコン「ThinkBook Plus」を発表しました。

Eインクディスプレイと液晶画面を備えたデュアルスクリーン型ノートパソコとなっており、通常の13.3インチ液晶ディスプレイに加え、背面部分に10.3インチのEインクディスプレイを備えます。

背面に10.3インチの電子ペーパーを備える

このEインクディスプレイは、Kindleソフトをネイティブでサポートしており、10.3インチの大型画面でKindle本を読むことが可能。くわえてPDFファイルもネイティブサポート。また、付属のスタイラスを使用してのPDFファイルへの手書きメモも可能です(メモはMicrosoft OneNoteとの同期に対応)。

ほかE Ink画面では、電子メールの通知、カレンダーイベントの表示、天気予報の表示といったことに対応。

第10世代Intel i7プロセッサーを採用。2020年3月~4月発売

PCのスペックとしては、CPUに第10世代Intel i7プロセッサーを採用。OSにWindows 10 Proを搭載し、ストレージは256 GBまたは512 GB SSD、メモリは8 GBまたは16 GBそれぞれから選択が可能。Amazon Alexaにも対応しています。

海外での発売は2020年3月~4月。同本体価格は1199ドル(約13万2000円)。

情報元:YOUTUBE

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク