新型「Fitbit Charge 4」が発表。GPS搭載・Spotify再生・NFC&Fitbit Pay・SpO2測定

スポンサーリンク

新型「Fitbit Charge 4」が発表。GPS搭載・Spotify再生・NFC&Fitbit Pay・SpO2測定

Fitbitから、新型アクティビティートラッカー(活動量計)「Fitbit Charge 4」が発表されました。活動量計とは思えない、多機能ぶりが特徴の一台となっています。

Fitbit Charge 4 の新機能とスペック

・新たにGPSを搭載

本機最大の目玉機能がコチラの「GPS機能」。これにより、ユーザーはランニングなどアクティビティーをトラッキングし、マップ上に表示することが可能です。

・新機能「Active Zone Minutes」

新たに加わったこの機能。安静時における心拍数と年齢からユーザーの「アクティブゾーン」を提示、各種活動をサポートしてくれます。

・Spotify音楽再生機能

Fitbit Ionic ならびに Versa 2 シリーズに搭載されている「Spotify音楽再生機能(音楽コントロール機能)」を実装。日本でも人気のサブスクリプションサービスが活用できるものに(要Spotifyプレミアムユーザー)。

・Fitbit Pay、NFCサポート

Fitbit Charge 3から引き続き、NFC機能をサポート。支払い機能「Fitbit Pay」にも対応し、Fitbit Charge 4をクレジットカードやデビットカード代わりとして、これ1台で支払いが可能となります。

・生理周期、排卵日記録機能

Fitbit Charge 3から引き続き搭載。

バッテリー持ちは最大7日間

バッテリー駆動時間はGPS使用時で約5時間、GPSオフ時は最大7日間。充電には2時間かかります。

・血中酸素飽和度(SpO2)測定

Fitbit Versa 2などで搭載されている、血中酸素飽和度(SpO2)測定機能もサポートされるようになりました。

・AIめざまし「スマートウェイク」

AI目覚まし機能「スマートウェイク」が今後のアップデートで搭載予定。この機能の搭載は同社のトラッカー機種では初。

・「睡眠スコア」をCharge本体で表示

これまでスマホアプリのみでの表示だった「睡眠スコア」が、Charge本体で表示できるようになりました。

・基本的な機能

ハードスペック的には、サイズ35.8×22.7×12.5mm(Charge 3と同じサイズ)、各種センサーは、3軸加速度計、高度計、光学式心拍数モニター、SpO2モニター、Bluetooth 4.0、GPS、およびNFC。

もちろんこれまでの機種と同じく、基本的な各種機能、歩数計・心拍数計、睡眠計も備わっています。

Fitbit Charge 4 の価格・発売日・本体カラー

本体カラーは、ブラック、ローズウッド、ストームブルーの3色展開。日本では4月発売、海外では4月13日に発売、

本体価格は日本2万1980円、海外149.95ドルとなっています。

・プロモーションビデオ

リンク:公式サイト

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク