心拍計測とGPS機能を備えた「G-SHOCK GBD-H1000」が発表。ほか、耐衝撃・ソーラー充電搭載

スポンサーリンク

心拍計測とGPS機能を備えた「G-SHOCK GBD-H1000」が発表。ほか、耐衝撃・ソーラー充電搭載

カシオ計算機から、「G-SHOCK」シリーズの最新機種、「G-SHOCK GBD-H1000」が発表されました。4月24日発売、価格は55,000円(税込)。

・心拍数計測とGPS機能を搭載

心拍数計測とGPS機能を備えるのが大きな特徴。

血管の血流量の変化を感知して心拍数を測定する「光学式センサー」、方位・気圧/高度・温度を計測する「トリプルセンサー」、歩数や移動距離を計測する「加速度センサー」といった各種センサーにプラスして、位置情報を取得するGPS機能を搭載。

くわえてアプリ上では、消費カロリーや移動軌跡といった計測データの履歴を管理することも可能です。

外装面でもこだわりを見せており、高精細・高コントラストで見やすい「MIP液晶」、運動中にボタンを見ないでも操作ができる「ベゼル形状」、滑り止めを施した「大型ボタン」、手の甲への干渉を配慮しカーブがかかった「バックカバー」や「ソフトウレタンバンド」といったものを各装備。

・ソーラー充電を搭載

バッテリー持ちはトレーニングモード(GPS連続計測)+心拍計測機能で最大約14時間、時刻モード(歩数計測、通知機能含む)で約12ヵ月。ほか耐衝撃構造、20気圧防水を装備。ソーラー充電システムなど。

本体サイズは63×55×20.4mm、重さ101g。ボディカラーは、ブラック×レッド、ブラック×ホワイト、レッド、オールブラック。

リンク:カシオ公式サイト

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク