サムスン、Galaxy Watch Active2 を11月22日に日本発売

スポンサーリンク

サムスン、Galaxy Watch Active2 を11月22日に発売

サムスンは海外では今年夏に発表していた新型スマートウォッチ「Galaxy Watch Active2」を、日本でも11月22日から発売します。価格は4万3,800円ほど(44mmモデル)/3万8000円ほど(40mmモデル)。

今回のモデルは旧「Galaxy Watch Active」比で2倍に相当する8個のセンサーを搭載。心拍数計測がより正確なものとなり、より精度の高いライフログデータを収集することが可能になりました。

バッテリーは通常の使用で1日以上持つ設計。くわえてワイヤレス充電にも対応しており、ウォッチを充電台の上に置くだけでフル充電が可能。充電器は付属されます。

なお海外モデルと異なり、日本モデルはブルートゥースモデルのみ(LTEモデルは販売なし)。またアルミニウム外装モデルも販売されません。

・Galaxy Watch Active2 のスペック

モデル:ブルートゥース+Wi-Fiモデルのみ(LTEモデルの販売は日本では無し)

サイズ:44mm/40mm

OS Tizen ベース wearable OS 4.0
ディスプレイ 1.4インチ(44mm)/1.2インチ(40mm)

Super AMOLED

解像度 360×360
メモリ 0.75GB
記憶容量 4GB
チップセット Exynos 9110 デュアルコア 1.15GHz
強化ガラス Corning Gorilla Glass DX+
サイズ 44 x 44 × 10.9 mm(44mmモデル)

40 × 40× 10.9 mm(40mmモデル)

NFC あり、対応
重さ 42g/37g(ストラップ除く)
防水防塵 IP68 +5 ATM
耐久 MIL-STD-810G
Wi-Fi 802.11 b/g/n
ブルートゥース 5.0
バッテリー 340 mAh(44mm)

247mAh(40mm)

バッテリー持ち 1日以上
カラー ブラック、ゴールド、シルバー
その他 Always-on display
計測類 アクティビティエクササイズ
自動検出エクササイズ7種類以上、気圧計、加速計、ジャイロメーター、血圧計、環境光
計測エクササイズ7種類 ウォーキング、ランニング、サイクリング、ローリング、エプティカルトレーナー、ダイナミックワークアウト、スイミング
スマホとの互換 Android 5.0;メモリ1.5 GB以上

本体カラーはブラック、ゴールド、シルバーの全3色。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク