ファーウェイ、新型「HONOR 9C」を発表。4800万画素トリプルカメラ、約1万9000円

スポンサーリンク

ファーウェイ、新型「HONOR 9C」を発表。4800万画素トリプルカメラ、約1万9000円

ファーウェイから、新型スマートフォン「Huawei HONOR 9C」が発表されました。

4800万画素トリプルカメラとKirin 710Aチップを備える、エントリーモデルとなっています。

Huawei HONOR 9C のスペック

ディスプレイに6.39インチIPS液晶、解像度はHD+(1560×720)。ノッチデザインは、画面左上にパンチホール型。

CPUチップセットが Hisilicon Kirin 710A 2.0GHz オクタコア、メモリ4GB、ストレージが64GB。512GBまでのmicro SDカードに対応。

OSはAndoroid 9.0。ただ、各種Googleモバイルサービス(GMS)は使えません。

メインカメラは3眼トリプルカメラで、構成は4800万画素+800万画素+200万画素。F値はF2.0+F2.4+F2.4。

一方の前面カメラは800万画素、F2.0.

そのほかのスペックとしては、サイズ159.81 ×76.13 × 8.13mm、重さ176g、バッテリー4000mAH。3.5mmへッドフォンジャックを搭載。

通信面は802.11 b/g/n、Bluetooth 5.0、NFC。5G通信には対応しません。本体カラーはブルーとブラックの2色展開です。

Huawei HONOR 9C の価格、発売日

発売日はロシアにて2020年5月4日。本体価格はメモリ4GB / 容量64GBモデルが12990ルーブル(約1万9000円)となっています。

なおhonorブランドの次のモデルとしては、早速「honor X10」がリークされています。こちらは5月発売。

ファーウェイの新型「Honor X10」がリーク。ポップアップカメラ、4000万画素トリプルカメラ ファーウェイの...

source : honor

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク