ファーウェイ日本、10.4型「MatePad」を6/12発売。スタイラスペン対応、7250mAhバッテリー、優れたディスプレイ性能・オーディオ性能

スポンサーリンク

ファーウェイ日本、10.4型「MatePad」を6/12発売。スタイラスペン対応、7250mAhバッテリー、優れたディスプレイ性能・オーディオ性能

ファーウェイ日本法人は、10.4インチの新型タブレット「MatePad」を6月12日に発売します。

Huawei MatePad 10.4 のスペック・機能・価格

・10.4インチIPS液晶ディスプレイ

10.4インチフルビューディスプレイを備えるミッドレンジモデル。

解像度は2K(2000 x 2100)、タブレットとしては薄めのベゼルデザインで、画面占有率約84%を誇ります。本体素材はアルミニウムフレームと背面アルミニウム素材からなっており、10.4インチながら重量450gの軽量性を実現。

メモリ容量は3GB、ストレージは32GBで、最大512GBまでのMicro SDカードに対応しています。チップセットはKirin 810、OSはAndroid 10ベースのEMUI 10.1。Googleモバイルサービス(GMS)には対応しません。

・7250mAh大容量バッテリー

メインカメラは800万画素シングルで、オートフォーカスとLEDフラッシュを搭載。セルフィーカメラも800万画素。

バッテリーは大容量7250mAhで、フル充電で12時間のローカル動画再生が可能。ポートはUSB 2.0 Type-C、本体サイズは245×155×7.4mm。

・スタイラスペン「M-Pencil」に対応

低遅延で、自然な書き味を誇るスタイラスペン「M-Pencil」に対応。ディスプレイはドイツの「テュフラインランド」認証を受けており、画面性能は折り紙付き。面白い機能としては、目に優しく読書に最適な「モノクロ画面モード」を搭載しています。

・モノクロ画面モード

オーディオ面では計4つのスピーカーを搭載、加えてサラウンド効果「Histen 6.0」やオーディオチューニング「Harman Kardon Audio」テクノロジーを備え、迫力あるオーディオ体験を提供。リスニング学習にも性能を発揮しそうです。

加えて会話中のバックグラウンドノイズを除去するノイズキャンセリング機能や4つのマイクも備え、リモートワークにも最適な1台となっています。

・スタイラスペン対応

・本体価格

発売日は6月12日、本体価格はLTEモデルが36,182円、Wi-Fiモデルが29,800円(共に税別)となっています。

【関連記事】

ファーウェイ日本、新型「Huawei MatePad T8」を7月発売。1万3900円の低価格モデル ファーウェイ日本法人...
ファーウェイ日本、高性能タブレット「MatePad Pro」を6/12発売。Kirin 990・40W急速充電・パンチホールノッチ・スタイラ...

リンク:consumer.huawei.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク