ファーウェイ日本、新型「Huawei MatePad T8」を7月発売。1万3900円の低価格モデル

スポンサーリンク

ファーウェイ日本、新型「Huawei MatePad T8」を7月発売。1万3900円の低価格モデル

ファーウェイ日本法人は、新型タブレット「Huawei MatePad T8」を7月初旬に発売します。本体価格は1万3900円(税別)。

Huawei MatePad T8 のスペック

8.0インチ液晶ディスプレイ、解像度1280 x 800ピクセル。画面占有率は80%。チップセットにMediaTek MTK8768、2GB RAM、16GB内部ストレージ。micro SDカードに対応し、512GBまでの増設が可能。

OSはAndroida 10/EMUI 10.0.1。Googleモバイルサービス(GMS)には対応しません。

メインカメラは500万画素で、フルHD撮影が可能。一方のフロントカメラは200万画素。

ほか、IEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0、バッテリー容量は5,100 mAh。ポートmicroUSB、本体サイズは121×200×8.6mm。重さは約310g。本体カラーはディープシーブルーのみとなっています。

【関連記事】

ファーウェイ日本、10.4型「MatePad」を6/12発売。スタイラスペン対応、7250mAhバッテリー、優れたディスプレイ性能・オーディ...
ファーウェイ日本、高性能タブレット「MatePad Pro」を6/12発売。Kirin 990・40W急速充電・パンチホールノッチ・スタイラ...

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク