OPPO Watchが発表、同社初のスマートウォッチ。Snapdragon Wear 2500・eSIM・21日間バッテリー持ち・17分でバッテリー50%充電

スポンサーリンク

OPPO Watchが発表、同社初のスマートウォッチ。Snapdragon Wear 2500・eSIM・21日間バッテリー持ち・17分でバッテリー50%充電

OPPOは自社イベントにてスマートウォッチ「OPPO Watch」を発表しました。同社初のスマートウォッチとなっています。

OPPO Watchのスペック、機能、性能

・高性能モデル。eSIM、EGC搭載、8GBストレージ

1.6インチと1.9インチの2モデル展開。

高性能デバイスとなっており、画面密度326ppi、湾曲AMOLEDパネル、DCI-P3色域 100%カバー。

プロセッサはSnapdragon Wear 2500とApollo 3のダブル構成。ストレージ容量は8GB。SIMスロットはありませんが、eSIMを備えます。

くわえて本体素材はアルミニウム製。2つのサイドボタン搭載。

・バッテリー持ちの良さ

Snapdragon WearチップセットとApoloコプロセッサーのダブル搭載により、長時間バッテリーを実現。両チップの切り替えにより、通常使用では1回の充電で40時間、省電力モードでは最大21日間までのバッテリー持ちが可能です。

くわえて急速充電Watch VOOCテクノロジーにより、17分でバッテリーの50%を充電ができるものに。

機能としては運動、睡眠、心拍数の各トラッキングに加え、心電図(ECG)機能も装備しています。耐水性は5ATM。

OPPO Watchの価格、発売日

中国での発売は3月24日。

本体価格は46mmモデルがCNY 1,999(約3万1000円)、41mmモデルがCNY 1,499(約2万3000円)です。

SOURCE:OPPO

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク