OPPO、新型「Reno5 Pro 5G」を発表。6400万画素クアッドカメラ、約5万4000円から

スポンサーリンク

OPPO、新型「Reno5 Pro 5G」を発表。6400万画素クアッドカメラ、約5万4000円から

OPPOから、新型スマートフォン「Reno5 Pro 5G」が発表されました。同時発表された、Reno5の上位モデルとなっています。

スペック

・ディスプレイ

ディスプレイが6.55インチOLED。

画面本体比率92.1%、画面密度402PPi。コントラスト比が静的コントラスト:5000000:1(標準値)。リフレッシュレートが最大90Hz、タッチサンプリングレートが最大180Hz。画面明るさはグローバルデフォルト最大輝度が500ニト。

解像度は2400×1080(FHD +)。

・チップセット、メモリ

チップセットはDimensity1000+。

メモリとストレージ構成は、8GB + 128GB / 12GB + 256GB。メモリはLPDDR4x、ストレージ仕様はUFS2.1。

OSがAndroid 11 / Color OS 11.1。

・カメラ

メインカメラは4眼クアッドカメラ。構成は6400万画素メイン+800万画素超広角+200万画素マクロ+200万画素ポートレート。

F値はf1.7+f2.2+f2.4+f2.4。4K30fpsビデオ撮影、1080P120fpsスローモーションビデオ撮影に対応します。

一方のフロントカメラは3200万画素、f2.4。

・そのほか

バッテリー容量は4,350mAh、SuperVOOC 2.0 急速充電65Wに対応。

サイズは159.7×73.2×7.6mmと、Reno 5より薄く。重さは173g。

また5G通信帯はn1 / n3 / n41 / n77 / n78 / n79と、Reno5より広範囲な仕様。

本体カラーはスターリードリーム、オーロラブルー、ムーンナイトブラック、 スターウィッシュレッド(ニューイヤーエディション)の4色。

発売日・価格

中国では12月18日に発売。

価格は8GB+128GBモデルが3399元(約5万4000円)、12GB + 256GBモデルが3799元(約6万円)となっています

リンク:OPPO

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク