2016春、XperiaZ5/iPhone6s/AQUOS/Galaxyなどキャリアスマホ全20機種、良い悪い点評判・Antutu/グラフィック/バッテリーなどベンチマーク7種・スペック比較まとめ

スポンサーリンク

Xperia Z5ほかキャリアスマートフォン、ベンチマーク、良いところ・悪いところ総まとめ

※表示はメーカー50音順

docomo-au-softbank

【性能比較表】

デバイス名サイズ重さ薄さ
mm
解像度カメラAntutu3Dグラフィックバッテリー実使用時間ディスプレイ明るさ
AQUOS Compact SH-02H4.7120g8.91920×10801310万38000  99時間
AQUOS ZETA SH-01H5.3151g7.91920×10801310万36140  14300  111時間
arrows NX F-02H5.4167g8.32560x14402150万475231874098時間
Galaxy A85.7153g6.01920×10801600万36140 779298時間335(並)
Galaxy S65.1138g6.82560×14401610万660002102570時間563(優)
Galaxy S6 edge5.1132g7.02560×14401610万667002770072時間 553(優)
iPhone 64.7129g6.91334×750800万475001727061時間520(優)
iPhone 6 Plus5.5172g7.11920×1080800万470601782079時間570(優)
iPhone 6s4.7143g7.11334×7501200万6076627857 79時間554(優)
iPhone 6s Plus5.5192g7.31920×10801200万63309 2772185時間593(優)
Nexus 5X5.2136g7.91920×10801235万486541687054時間485(良)
Nexus 6P5.7178g7.32560×14401230万61500 2275374時間350(並)
Xperia A44.6129g9.11280×7202070万440001870078時間
Xperia Z3 Compact4.6129g8.61280×7202070万439001886078時間435(良)
Xperia Z45.2144g6.91920×10802070万474002069167時間  600(優)
Xperia Z55.5154g7.31920×10802300万58898  2575977時間 670(優)
Xperia Z5 Compact4.6138g8.91280×7202300万6330926822 85時間700(優)
Xperia Z5 Premium5.5181g7.83840×21602300万599502644677時間590(優)

【各端末比較】

アップル

・iPhone 6s

(NTTドコモ、au、ソフトバンク)

iphone-6-plus-reachability

海外レビュー平均スコア:88点 (全79サイトの平均)

全体的なポイント

平均スコア88点と非常に高い評価。とりわけ新しく取り入られた3Dタッチディスプレイに対し高い評価をするサイトが多く、「世界が変わった」とはTrust Review誌。

一方、あたらしく追加されたライブフォトや本体価格の高さ暗い場所での撮影が他機種より劣っている点、光学手ぶれ機能がない点といったカメラ性能について否定的な意見が多い。

プラスポイント マイナスポイント
3Dタッチディスプレイのすばらしさ 光学手ぶれ機能がない
改善されたカメラ機能 ライブフォトはミスすることが多い
タッチIDはより早く、より正確になった 16Gバイトモデルでは容量が十分といえない
本体の堅牢性(新しく本体に取り入れられた7000番台アルミは、これまでの6000番台アルミより2倍硬い) タッチIDが敏感すぎる
バッテリー性能の良さ 高い
薄暗い場所で撮った写真は平凡な出来栄え
バッテリー性能はiPhone 6と同じ

性能スコア

ベンチマークソフト スコア 全端末ランキング
Antutu (総合能力) 60766  位/ 位
CPU (Geekbench3 マルチコア) 2542  位/ 位
3DMark (3Dグラフィックス) 27857    位/ 位
バッテリー実使用時間 79時間    位/ 位
ディスプレイ最高輝度 554(優)
ディスプレイコントラスト 1590(優)
色再現度 1.47(優)

スペック

OS iOS 9
CPU Apple A9
メモリ 2GB
ストレージ 16GB/64GB/128GB
ディスプレイ 4.7インチ
解像度 1,334 x 750
カメラ 1200万画素/500万画素、4K撮影可、光学手振れ機能なし
サイズ 67.1×138.3×7.1 mm
重さ 143g
Wi-Fiなど IEEE802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.2

・iPhone 6s Plus

(NTTドコモ、au、ソフトバンク)

iphone6splus

海外レビュー平均スコア:87点 (全64サイトの平均)

全体的なポイント

こちらのiPhone 6s Plusについても平均スコアは高い。とりわけiPhone 6sには無い光学手ぶれ機能について高い評価をするサイトが多い

一方、これはiPhone 6sと共に相変わらずSDカードスロットがないため、とりわけ16Gバイトモデルでは容量を気にして使いづらい点がマイナスポイントとしてあげられている。

またこれはiPhone 6s Plusのみ挙げられているマイナス点として、前モデルiPhone 6 Plusよりバッテリーの持ちが悪くなっている

プラスポイント マイナスポイント
iPhone 6 Plusより動作が早くなった バッテリーが先代iPhone 6 Plusより持たなくなった
3Dタッチディスプレイがすばらしい 本体価格の高さ
カメラでの光学手ぶれ補正機能 本体サイズのデカさ
タッチIDは早く、より正確になった 同サイズのスマートフォンに比べるとバッテリー性能が劣る
充電時間がかかる

性能スコア

ベンチマークソフト スコア 全端末ランキング
Antutu (総合能力) 63,309  位/ 位
CPU (Geekbench3 マルチコア)  4410  位/ 位
3DMark (3Dグラフィックス)  27721    位/ 位
バッテリー実使用時間 85時間    位/ 位
ディスプレイ最高輝度 593(優)
ディスプレイコントラスト 1400(優)
色再現度 2.32(良)

スペック

OS iOS 9
CPU Apple A9
メモリ 2GB
ストレージ 16GB/64GB/128GB
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1,920 x 1,080
カメラ 1200万画素/500万画素、4K撮影可、光学手振れ機能あり
サイズ 77.9×158.2×7.3 mm
重さ 192g
Wi-Fiなど IEEE802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.2

・iPhone 6

iphone6splus

プラスポイント マイナスポイント
高級感ある本体の作り バッテリーがそれほど持たない
ディスプレイが美しい カメラの出っ張りが目立つ
レスポンスよくサクサク動く Android機に比べるとソフトウェアキーボードの出来が悪い
Android機のように無駄なアプリが少ない フロントカメラの画質が悪い
軽量129g

性能スコア

ベンチマークソフト スコア 全端末ランキング
Antutu (総合能力) 47,500

 位/ 位
CPU (Geekbench3 マルチコア) 2780  位/ 位
3DMark (3Dグラフィックス) 17270    位/ 位
バッテリー実使用時間 61時間    位/ 位
ディスプレイ最高輝度 520(優)
ディスプレイコントラスト 1500(優)
色再現度 2.79(良)

スペック

OS iOS 9
CPU Apple A8
メモリ 1GB
ストレージ 16GB/64GB
ディスプレイ 4.7インチ
解像度 1,334 x 750
カメラ 800万画素/120万画素、4K撮影不可、光学手振れ機能なし
サイズ 67.0×138.1×6.9 mm
重さ 129g
Wi-Fiなど IEEE802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.2

・iPhone 6 Plus

iphone6splus

プラスポイント マイナスポイント
高級感ある本体の作り バッテリーがそれほど持たない
ディスプレイが美しい カメラの出っ張りが目立つ
レスポンスよくサクサク動く Android機に比べるとソフトウェアキーボードの出来が悪い
Android機のように無駄なアプリが少ない フロントカメラの画質が悪い
バッテリーが良く持つ 重い

性能スコア

ベンチマークソフト スコア 全端末ランキング
Antutu (総合能力) 47,060  位/ 位
CPU (Geekbench3 マルチコア) 2805  位/ 位
3DMark (3Dグラフィックス) 17820    位/ 位
バッテリー実使用時間 79時間    位/ 位
ディスプレイ最高輝度 570(優)
ディスプレイコントラスト 1370(優)
色再現度 3.05(良)

スペック

OS iOS 9
CPU Apple A8
メモリ 1GB
ストレージ 16GB/64GB
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1,920 x 1,080
カメラ 800万画素/120万画素、4K撮影不可、光学手振れ機能あり
サイズ 77.8×158.1×7.1 mm
重さ 172g
Wi-Fiなど IEEE802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.2

京セラ

・DIGNO C 404KC

KYOCERA

(ワイモバイル)

プラスポイント マイナスポイント
頑丈 日本製スマホなのにLEDランプがない
防水防塵 撮影写真に白とびが起こりカメラ性能が悪い
軽い NFC非対応
安い テレビが見れない

スペック

OS Android 4.4
CPU MSM8916 1.2GHz
メモリ 1GB
ストレージ 8GB(使用可能約5GB)
ディスプレイ 5インチ
解像度 540×960ドット
カメラ 500万画素/200万画素
サイズ 73×H144×D10.8mm
重さ 146g
Wi-Fiなど IEEE802.11b/g/n

グーグル

・Nexus 5X

(NTTドコモ、ワイモバイル)

NEXUS_5X

海外レビュー平均スコア:79点 (62サイトの平均スコア)

プラスポイント マイナスポイント
指紋認証能力の高さ プラスティックボディが安っぽい
写真撮影性能がそれなりに良い ストレージ容量が拡張できない。microSDカードが使えない。
Android6.0が動作する。 平凡なバッテリー持続時間
Ok, Googleが常に動くようになった ディスプレイ上部と下部のベゼル幅が大きすぎてダサい

性能スコア

ベンチマークソフト スコア 全端末ランキング
Antutu (総合能力) 48,654  位/ 位
CPU (Geekbench3 マルチコア) 2790  位/ 位
3DMark (3Dグラフィックス) 16870    位/ 位
バッテリー実使用時間 54時間    位/ 位
ディスプレイ最高輝度 485(良)
ディスプレイコントラスト 1490(優)
色再現度 2.05(良)

スペック

OS Android 6.0
CPU Qualcomm MSM8992
メモリ 2GB
ストレージ 32GB
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 1920×1080
カメラ 1235万画素/500万画素
サイズ 147×73×7.9mm
重さ 136g
Wi-Fiなど IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2

・Nexus 6P

(ソフトバンク)

Google-Nexus-6P

海外レビュー平均スコア:88点 (41サイトの平均スコア)

プラスポイント マイナスポイント
高級感あるプレミアムボディ カメラ機能は改善されているが、競合機種には劣る
多くの競合スマートフォンに搭載されたスピーカーより明らかに優れたステレオスピーカー デザイン、特にカメラ周りがダサい
Android6.0が動作する。ただ、Google on Tapは機能としては微妙 ディスプレイ上部と下部のベゼル幅がありすぎてダサい
Ok, Googleが常に動くようになった ディスプレイの色温度が少し高く、全体的に青白みがかっている。
Snapdragon810搭載だが熱くならない microSDカードが使えない
USB typeーCにより充電が早い。バッテリー0%から充電して1時間で8割充電 画面が大きすぎて操作しづらい
バッテリーの持ちが良い 重い
指紋認証力が高い アプリ履歴で「全部消す」が無い
通知LEDランプがない
他社フラグシップ端末に比べるとディスプレイ性能が悪い

性能スコア

ベンチマークソフト スコア 全端末ランキング
Antutu (総合能力) 61,500  位/ 位
CPU (Geekbench3 マルチコア) 4019  位/ 位
3DMark (3Dグラフィックス) 22753    位/ 位
バッテリー実使用時間 74時間    位/ 位
ディスプレイ最高輝度  350(並)
ディスプレイコントラスト  優
色再現度  6.45(並)

スペック

OS Android 6.0
CPU MSM8994 2.0GHz + 1.5GHz(オクタコア)
メモリ 3GB
ストレージ 64GB / 32GB
ディスプレイ 5.7インチ
解像度 ワイドQHD(2560×1440)
カメラ 1230万画素/800万画素
サイズ 77.8×159.3×7.3mm
重さ 178g
Wi-Fiなど IEEE 802.11 a/b/g/n/ac

・色温度とディスプレイ色の関係

一般的なPCのsRGB規格(アメリカ基準)・・・6500Kの色温度が基準

日本の放送基準・・・9300Kが基準→青色ディスプレイに慣れ親しんでいる
display_heat

display_heat (2)

左から5000K、6500K、9300Kの色温度で白色を表示したもの(出典:EIZOホームぺージ)

⇒青っぽいディスプレイになれた日本人がNexus 6Pを見ると、少し違和感があるかも・・・?

サムスン

・Galaxy A8 SCV32

(au)

galaxy_a8

ここが○ ここが×
狭フチかつ6mm薄型で美しいデザイン 3D ゲームをするのには少し厳しい性能
サクサク動く 通知ランプがない
バッテリーの持ちが良い
ディスプレイが美しい

性能スコア

ベンチマークソフト スコア 全端末ランキング
Antutu (総合能力) 36,140  位/ 位
CPU (Geekbench3 マルチコア) 1900  位/ 位
3DMark (3Dグラフィックス) 7792  位/ 位
バッテリー実使用時間 98時間  位/ 位
ディスプレイ最高輝度 335(並)
ディスプレイコントラスト  優
色再現度 1.48(優)

スペック

OS Android 5.1
CPU Snapdragon 615
メモリ 2GB
ストレージ 32GB
ディスプレイ 5.7インチ
解像度 1,920×1,080
カメラ 1600万画素/500万画素
サイズ 77 × 158 × 6.0mm
重さ 153g
Wi-Fiなど IEEE802.11a/b/g/n(2.4/5GHz) 、Bluetooth 4.1

Galaxy S6 edge

(ドコモ、au、ソフトバンク)

samsung-galaxy-s6-edge-4

ここが○ ここが×
2K有機ELディスプレイが美しい エッジデザインは美しいけど、持ちにくいし手が痛くなるし実用上のメリットもあまりない
レスポンスが良い。サクサク動く 防水/防塵機能がない
フロントカメラの画質はXperiaを越えてスマホトップ SDスロットがない
デザインが美しい バッテリーがあまり持たない
背面カメラの性能はトップクラス(トップではない) 画面に水滴が落ちると反応してしまう
3Dゲームをするのに十分な性能。デレステをやってもめったに落ちないとの声 他のスマホに比べると折れ曲がりやすいことが報告されている

性能スコア

ベンチマークソフト スコア 全端末ランキング
Antutu (総合能力) 66,700  位/ 位
CPU (Geekbench3 マルチコア) 4457  位/ 位
3DMark (3Dグラフィックス) 27700  位/ 位
バッテリー実使用時間 72.1時間  位/ 位
ディスプレイ最高輝度 553
ディスプレイコントラスト 優秀(測定不可)
色再現度 2.02

スペック

OS Android 5.0.2
CPU Exynos7420 2.1GHz + 1.5GHz(オクタコア)
メモリ 3GB
ストレージ 64GB/ 32GB
ディスプレイ Super AMOLED 5.1インチ
解像度 クアッドHD(2560×1440ドット)
カメラ 1610万画素/500万画素
サイズ 70×142×7mm
重さ 132g
Wi-Fiなど IEEE 802.11 a/b/g/n/ac

Galaxy S6

(ドコモ、au、ソフトバンク)

samsung-galaxy-s6-edge-4

ここが○ ここが×
2KQHDだがサクサク動く SDカードが使えない
高級感ある金属ボディ 防水防塵機能がない
薄くて持ちやすい
性能はAndoroid端末トップクラス、デレステもサクサク動く
ホームアプリが使いやすい
発熱に困ることがない
ワイヤレス充電がある

性能スコア

ベンチマークソフト スコア 全端末ランキング
Antutu (総合能力) 66,000  位/ 位
CPU (Geekbench3 マルチコア) 4600  位/ 位
3DMark (3Dグラフィックス) 21025  位/ 位
バッテリー実使用時間 70.7時間
ディスプレイ最高輝度 563
ディスプレイコントラスト 優秀(測定不可)
色再現度 2.02(良い)

スペック

OS Android 5.0.2
CPU Exynos7420 2.1GHz + 1.5GHz(オクタコア)
メモリ 3GB
ストレージ 64GB/ 32GB
ディスプレイ Super AMOLED 5.1インチ
解像度 クアッドHD(2560×1440ドット)
カメラ 1610万画素/500万画素
サイズ 143mm×71mm×6.8mm
重さ 138g
Wi-Fiなど IEEE 802.11 a/b/g/n/ac

シャープ

・AQUOS ZETA SH-01H

(NTTドコモ)

aquos zeta sh-01h

ここが○ ここが×
サクサク動く スピーカーの音質が悪い
倍速液晶によりヌルヌル滑らかに見える ベンチマークスコアは低い
近接センサーが優秀になり、たいていにおいて電源ボタンを押さなくても使える Xperiaに見た目が似ている
Wi-Fi感度が良くなっている
発熱がない
通話音質が良い
バッテリーの持ちが良い

性能スコア

ベンチマークソフト スコア 全端末ランキング
Antutu (総合能力) 36,140  位/ 位
CPU (Geekbench3 マルチコア) 1900  位/ 位
3DMark (3Dグラフィックス) 14300  位/ 位
バッテリー実使用時間 110.6時間  位/ 位
ディスプレイ最高輝度
ディスプレイコントラスト
色再現度

スペック

OS Android 5.1
CPU Qualcomm MSM8992
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
ディスプレイ 5.3インチ
解像度 1,920×1,080
カメラ 1310万画素/800万画素
サイズ 139×74×7.9mm
重さ 151g
Wi-Fiなど IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth4.1

・AQUOS Compact SH-02H

(NTTドコモ)

aquos sh-0sh

ここが○ ここが×
音量キーが物理キーに Webページの読み込みが遅い
ネットや動画再生など日常的な使用には問題ない性能 レスポンスが良くない
熱くならない Xperiaに見た目が似ている

性能スコア

ベンチマークソフト スコア 全端末ランキング
Antutu (総合能力) 38,000  位/ 位
CPU (Geekbench3 マルチコア) 2110  位/ 位
3DMark (3Dグラフィックス) 14000  位/ 位
バッテリー実使用時間 98.8時間  位/ 位
ディスプレイ最高輝度
ディスプレイコントラスト
色再現度

スペック

OS Android 5.1
CPU Qualcomm MSM8992 Snapdragon 808
メモリ 3GB
ストレージ 16GB
ディスプレイ 4.7インチ
解像度 1,920×1,080
カメラ 1310万画素/500万画素
サイズ 126×66×8.9mm
重さ 120g
Wi-Fiなど IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth4.1

・AQUOS SERIE mini SHV33 au

(au)

AQUOS SERIE mini SHV33

ここが○ ここが×
音量キーが物理ボタンになった Webページの読み込みが遅い
ネットや動画再生など日常的な使用には問題ない性能 レスポンスが良くない
Xperiaに見た目が似ている

性能スコア

ベンチマークソフト スコア 全端末ランキング
Antutu (総合能力) 38,000  位/ 位
CPU (Geekbench3 マルチコア) 2100  位/ 位
3DMark (3Dグラフィックス) 14000  位/ 位
バッテリー実使用時間  位/ 位

スペック

OS Android 5.1
CPU Qualcomm MSM8992
メモリ 3GB
ストレージ 16GB
ディスプレイ 4.7インチ
解像度 1,920×1,080
通信速度 最大225Mbps
カメラ 1310万画素/500万画素
サイズ 126×66×8.9mm
重さ 120g
Wi-Fiなど IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth4.1

ソニー

・Xperia Z5

Xperia Z5に関しては、こちらのレビュー記事でさらに詳しく書いています。

Xperia Z5、1ヶ月ほど使ってみてのレビュー。良い点悪い点、ベンチマーク、各アプリでのCPU発熱など

(NTTドコモ、au、ソフトバンク)

20150930xperiaz502_727x449

海外レビュースコア:80点 (全44サイトの平均)

全体的なポイント

レビュースコアは平均79点。カメラ性能や美しいディスプレイに関してはどこからも評価が高く「すべてのスマートフォンの中で最も優れたカメラ性能」とは米Engadget誌。

一方で、バッテリー性能や指紋認証機能、デザインはレビュアーによって評価が分かれている様子。ただし、バッテリー持続時間の短さを述べているレビューはそのどれもが、修正アップデート前のものであった点に注意

指紋認証については概ねどこも高評価だが、「時々認識しないことがある」との意見も。

それと、やはり発熱しやすい点についても言及されていることが多い。

本体デザインについては背面フラスト加工による高級感あるデザインを推す声が多い一方で、英The Verge誌は「傷つきやすい」とマイナス評価。他誌では「角ばった本体デザインにより持ちにくい」という声もあった。

Verge誌はZ5のユーザーエクスペリエンスにも不満があるらしく、「動作が遅くイライラする」とコメントしている。

プラスポイント マイナスポイント
すべてのスマートフォンの中で最も優れたカメラ性能 すぐ熱くなる。特にゲームでの発熱がひどい
ディスプレイの美しさ 代り映えの無い本体デザイン
防水性 これまでのZシリーズよりバッテリー消耗が早い
指紋認証の精度の高さ 動作が遅い
フラスト加工によるエレガントな本体デザイン マイナーアップデートにとどまっているCPUなどの性能
水滴による誤タッチが少ない 本体背面が傷つきやすい
スマホトップクラスのディスプレイ性能 角ばったことで持ちにくくなった

・性能スコア

ベンチマークソフト スコア 全端末ランキング
Antutu (総合能力) 58,898  位/ 位
CPU (Geekbench3 マルチコア) 3685  位/ 位
3DMark (3Dグラフィックス) 25759    位/ 位
バッテリー実使用時間 77.4時間    位/ 位
ディスプレイ最高輝度 670(優)
ディスプレイコントラスト 1250(優)
色再現度 3.78(良)

スペック

OS Android 5.1
CPU Qualcomm MSM8994
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 フルHD(1920×1080)
カメラ 2300万画素/510万画素
サイズ 146×72×7.3mm
重さ 154g
Wi-Fiなど IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth4.1

・Xperia Z5 Compact

(NTTドコモ)

Xperia Z5コンパクトの北欧での発売日はiPhoneと同じ日。1.4万円のヘッドフォン付き

海外レビュースコア:83点  (全42サイトの平均)

全体的なポイント

ほとんどがXperia Z5と似たような評価内容だが、こちらはバッテリー性能も肯定的な評価がなされている。「バッテリーは一日半は持つ。スタミナモードも実用的だ」とはTrustedReview誌。

小さな本体にもかかわらず優れた性能を持つステレオスピーカーを推す声もあった。

一方で、ピンク(コーラル)やイエローなどのポップなカラーリングと、より角ばった本体デザインについては「おもちゃみたいで安っぽい」と、海外ユーザー&レビュアーには不評だった様子。

プラスポイント マイナスポイント
すばらしいカメラ性能 おもちゃみたいな安っぽい本体デザイン
コンパクトなデザイン 熱くなりやすく、特にゲームで発熱トラブルが起こる
ステレオスピーカー性能 平均的なHDディスプレイ解像度
1日半は持つ、優れたバッテリー 認識しないことがままある指紋認証
省電力機能STAMINA(スタミナ)モードが優秀 本体価格の高さ
優れた指紋認証機能 プレインストールアプリの多さ。しかしアプリは簡単にアンストールすることが出来る
アプリを簡単にアンインストールできるUI 本体背面が傷つきやすい
防水防塵性。水滴が落ちても誤作動があまりない

性能スコア

ベンチマークソフト スコア 全端末ランキング
Antutu (総合能力) 63,309  位/ 位
CPU (Geekbench3 マルチコア) 3685  位/ 位
3DMark (3Dグラフィックス) 26822  位/ 位
バッテリー実使用時間 85.6時間  位/ 位
ディスプレイ最高輝度 700(優)
ディスプレイコントラスト 1490(優)
色再現度 4.34(並)

スペック

OS Android 5.1
CPU Qualcomm MSM8994
メモリ 2GB
ストレージ 32GB
ディスプレイ 4.6インチ
解像度 HD(1280×720)
カメラ 2300万画素/510万画素
サイズ 127×65×8.9mm
重さ 138g
Wi-Fiなど IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth4.1

androidpit-sony-xperia-z5-compact-review-screenshots-w782

簡単にアプリをアンインストール

・Xperia Z5 Premium

(NTTドコモ)

20150930xperiapremium00_800x600

海外レビュースコア:80点  (全20サイトの平均)

プラスポイント マイナスポイント
デザインの美しさ。背面の鏡面加工の美しさはまさにプレミアム感がある。 4Kディスプレイの使用用途が限られている。
4KディスプレイでのYouTubeなど動画、写真など静止画でのアップスケーリング機能が優れている Z5 やZ5 compactのディスプレイより、輝度が低く、暗い(Z3と同じ)
すぐれたオーディオ性能 色温度がZ5より高い(ただしこれはソフトで変更可能)
サクサク動く 本体価格の高さ
防水・防塵  4Kディスプレイのために、Z5より明るくないのにバッテリー持ちはZ5と同等以下

・性能スコア

ベンチマークソフト スコア 全端末ランキング
Antutu (総合能力) 59,950  位/ 位
CPU (Geekbench3 マルチコア) 4010  位/ 位
3DMark (3Dグラフィックス) 26446  位/ 位
バッテリー実使用時間 77時間  位/ 位
ディスプレイ最高輝度 593(優)
ディスプレイコントラスト 1290
色再現度 5.41(並)

スペック

OS Android 5.0
CPU Qualcomm MSM8994
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 4KUHD
カメラ 2300万画素/510万画素
サイズ 154×76×7.8mm
重さ 181g
Wi-Fiなど IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth4.1

・Xperia Z4

(NTTドコモ、au、ソフトバンク)

Xperiaz4_softbank

海外レビュースコア:78点  (全45サイトの平均)

プラスポイント マイナスポイント
サクサク動く。レスポンスが良い Z3と大して変わらない
通話音質が良い 本体が熱い。しかもカメラ周りだけが集中的に熱くなる
デザインが美しい 本体が熱くてアプリが途中で落ちる。特にゲームとカメラ
ディスプレイの性能が良い。輝度は他メーカー機種を上回る700カンデラ(Z5と同じ。Z3は600カンデラ) バッテリーの持ちがそれほど良くない
micro USB キャップレス防水になった

・性能スコア

ベンチマークソフト スコア 全端末ランキング
Antutu (総合能力) 47,400  位/ 位
CPU (Geekbench3 マルチコア) 3523  位/ 位
3DMark (3Dグラフィックス) 20691  位/ 位
バッテリー実使用時間 67.8時間  位/ 位
ディスプレイ最高輝度 600(優)
ディスプレイコントラスト 1280(優)
色再現度 5.4(並)

スペック

OS Android 5.0
CPU MSM8994 2.0GHz + 1.5GHz
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 フルHD
カメラ 2070万画素/510万画素
サイズ 72×146×6.9mm
重さ 144g
Wi-Fiなど IEEE 802.11 a/b/g/n/ac

・Xperia A4

(NTTドコモ)

XPERIAA4

新規/MNP:0円

機種変更:19,440円

プラスポイント マイナスポイント
バッテリーの持ちが良い Z3Compactとあまり変わらない
Z3Compactとさほどスペックは変わらないが、サクサク感が増している Z3CのAndroid5.0アップデートによりZ3CとA4の違いがますますわかりにくくなった
発熱も問題なし
予測変換が優秀
Z3Cよりすべりにくい

・性能スコア

ベンチマークソフト スコア 全端末ランキング
Antutu (総合能力) 44000  位/ 位
CPU (Geekbench3 マルチコア)  位/ 位
3DMark (3Dグラフィックス) 18700  位/ 位
バッテリー実使用時間 78時間  位/ 位

スペック

OS Android 5.1
CPU Qualcomm MSM8974AC 2.5GHz
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
ディスプレイ 4.6インチ
解像度 HD
通信速度 最大速度150Mbps
カメラ 2070万画素/220万画素
サイズ 128mm×66mm×9.1mm
重さ 129g
Wi-Fiなど IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth4.1

・Xperia Z3 Compact

z3c

(NTTドコモ)

海外レビュースコア:88点  (全48サイトの平均)

プラスポイント マイナスポイント
サクサク動く。レスポンスが良い デザインが厚ぼったい(8.65 mm)
通話音質が良い 少しチープ感がある
軽量129g 背面のドコモロゴがダサい
ディスプレイの性能が良い 背面がガラスなので滑りやすい
バッテリーが良く持つ

性能スコア

ベンチマークソフト スコア 全端末ランキング
Antutu (総合能力) 43900  位/ 位
CPU (Geekbench3 マルチコア) 2705  位/ 位
3DMark (3Dグラフィックス) 18867  位/ 位
バッテリー実使用時間 78.3時間  位/ 位
ディスプレイ最大輝度 435(良)
ディスプレイコントラスト 1310(優)
色再現度 6.10(並)

スペック

OS Android 4.4
CPU Qualcomm Snapdragon 801
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
ディスプレイ 4.6インチ
解像度 HD
通信速度 最大150Mbps
カメラ 2070万画素/220万画素
サイズ 127mm×65mm×8.6mm
重さ 129g
Wi-Fiなど IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth4.1

富士通

・arrows NX F-02H

(NTTドコモ)

arrows

プラスポイント マイナスポイント
多少熱くてもサクサクヌルヌル動く。発熱自体も前モデルarrowsF-01Fよりは明らかに熱くない ゲームをするとすぐ熱くなる
虹彩認証は指紋認証より、簡単さ・精度の点で優れている 虹彩認証は裸眼では認識率が高いが、眼鏡をかけていると認識率が下がる
オートフォーカスが早い
虹彩認証は指紋認証より、簡単さ・精度の点で優れている
富士通スマホではおなじみのスライドディスプレイが便利。ボタンを押せば瞬時に画面が下り、大画面でも指が届かないということがない
同時複数Wi-Fi接続を可能にする「MU-MIMO」対応。Wi-Fi通信が早い
LTEで通話音質がすばらしい
背面の織り目模様のデザインが良い
「ハードアルマイト」「タフレイヤーコート」「ナノテクファイバー」といった技術で従来比約2倍の耐傷性。きずや曲がりにも強い

p_07

性能スコア

ベンチマークソフト スコア 全端末ランキング
Antutu (総合能力) 47,523  位/ 位
CPU (Geekbench3 マルチコア) 3420  位/ 位
3DMark (3Dグラフィックス) 18740    位/ 位
バッテリー実使用時間 98.8時間    位/ 位

スペック

OS Android 5.1
CPU Qualcomm Snapdragon 808
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
ディスプレイ 5.4インチ
解像度 WQHD 2560×1440 IPS-NEO液晶
通信速度 最大225Mbps
カメラ 2150万画素/220万画素
サイズ 154×8.3 mm
重さ 167g
Wi-Fiなど IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth4.1
スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)