ソニー、4800万画素スマートフォン向けイメージセンサー「IMX586」を発表。1/2型大型センサーサイズ、9月サンプル出荷

スポンサーリンク

ソニー、4800万画素スマートフォン向けイメージセンサー「IMX586」を発表。1/2型センサーサイズ、9月サンプル出荷

ソニーは、有効4800万画素のスマートフォン向け積層型CMOSイメージセンサー『IMX586』をアナウンスしました。サンプル出荷時期は9月、サンプル価格は3000円(税抜)。

・大型1/2型センサーサイズ、有効4800万画素

『IMX586』の商品化に際しては、世界で初めて0.8μmの微細な画素サイズを開発。大型1/2型(対角8.0mm)センサーサイズと有効4800万画素を実現し、撮影画像の高画質化を可能とします。

・旧来のセンサーと「IMX586」の違い

・Quad Bayer配列により、夜景撮影でも低ノイズで明るい写真や動画の撮影が可能に

また隣接4画素が同色となるカラーフィルター「Quad Bayer配列」を採用し、高感度と高解像度を両立化。夜景撮影など低照度下での撮影時においては、隣接する4画素の信号を加算することで、画素サイズ1.6μm相当(有効1200万画素)に感度を高め、低ノイズで明るい写真や動画の撮影が可能になります。

加えて日中屋外等での明るいシーン撮影時には、イメージセンサーに搭載した独自の信号処理機能で配列変換、これによりリアルタイムで有効4800万画素の高解像度画像が得られます。

・仕様

型名 サンプル出荷時期(予定) サンプル価格(税抜き)
1/2型有効4800万画素
積層型CMOSイメージセンサー『IMX586』
2018年9月 3,000円
Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク