開発スタジオ「PS5の性能には興奮する。最高4096px/mで、高解像度でも緻密なグラフィックが可能」

スポンサーリンク

開発スタジオ「PS5の性能には興奮する。最高4096px/mで、高解像度でも緻密なグラフィックが可能

オフィシャルPlayStation Magazine UK 最新号(2020年4月号)にて、ゲームスタジオ・LKAのトップ、Luca Dalco氏がソニー・インタラクティブエンターテインメントの新型ゲーム機「PlayStation 5」の性能についてコメントしています。

このLKAスタジオは現在、PC(Steam)、PS5向けにホラーゲーム『Martha is Dead』を開発中。

以下、インタビューの意訳となっています。

LKA・Luca Dalco氏:PS5のスペックは、信じられないほどエキサイティングですね。私たちにとっては、特にグラフィックパワーとレイトレーシングのサポートがそれに当たります。

私たちのスタジオはこの4年間で大きく成長しており、(開発中の)『Martha Is Dead』は、フォトリアリズムを追求していきます。PS5という次世代ハードウェアの登場により、私たちのビジョンがユーザーの皆さんにお届けできることを楽しみにしています。

(…中略)

PS5では最高4096px/mという。信じられないほどのテクセル密度を使用できるものとなりました。

これはすなわち、高解像度でも緻密なグラフィック表現が可能になることを意味しています。ゲームのビジュアル面において、それは我々が最も待ち望んでいたものの一つでした。

・PC版『Martha is Dead』、アナウンストレーラー

SOURCE:PSU

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク