iPhoneで、アプリの使用時間制限をおこなう方法(iOS 12)

スポンサーリンク

iPhone&iPadで、アプリの使用時間制限を設定する方法(iOS 12)

2018年9月から提供開始となった「iOS 12」では、新たに「アプリの使用時間制限」ができるようになりました。

これにより、iPhoneやiPadにおいて、アプリを使う時間が細やかに設定できるようになっています。

・アプリごとに使用時間を制限する方法

アプリごとに使用時間を制限する方法、やり方は次の通りです。

①:「設定」画面を開き、「スクリーンタイム」を選びます。この項目は「おやすみモード」の下、「一般」の上に位置しています。

②:ユーザー名とアプリの総使用時間が表示されます。今回はアプリを個別に設定したいので、「ユーザー名」をタップします。

③:アプリごとに、使用した時間が表示されます。試しに今回は、「時計」の使用時間を制限してみましょう。「時計」をタップ。

④:時間帯での使用した時間が表示されます。「制限を追加」をタップ。

⑤:制限する時間を設定し、「追加」をタップ。これで設定が終わりました!

・アプリの使用制限を解除する方法

・先ほどの「③」の画面においてアプリを選択し、「制限を解除」を選ぶことで、制限を解除することが来ます。

・ジャンルごとに大まかに使用制限をおこなう方法

アプリごとの設定が面倒な場合、ジャンルごとに大まかに設定することもできます。

①:「スクリーンタイム」から、「App使用時間の制限」をタップ

②:ジャンルを選び、右上の「追加」をタップします

スポンサーリンク