著名情報提供者「Galaxy Note20の1億800万画素カメラでは、S20 Ultraでのオートフォーカス不具合が完全に解消される」

スポンサーリンク

著名情報提供者「Galaxy Note20の1億800万画素カメラでは、S20 Ultraでのオートフォーカス不具合が完全に解消される」

寄せられたリーク情報によれば、サムスンはGalaxy S20 Ultraのメインカメラで報告されていたオートフォーカス周りの不具合を、次期モデル「Galaxy Note20」シリーズにて攻略したようです。

Galaxy S20 Ultraで報告されていたAF不具合

高画素1億800万画素カメラを擁す Galaxy S20 Ultra ですが、多くのユーザーやレビュアーから、時としてオートフォーカスが1200万画素カメラよりも遅く、光量の少ない場所での撮影では完全に失敗することがレポートされていました。

このAFパフォーマンスの低下は、108MPセンサーにおけるデュアルピクセル位相差検出AF(PDAF)の欠如が原因だとされています。

サムスンがどのように問題を修正したのかは不明ですが、信頼性の高いリーカーIceUniverse氏によれば、次期モデル「Galaxy Note20」シリーズの1億800万画素カメラでは、この問題が完全に解消されるとのこと。

なお、同じく期待されている「WQHD+解像度での120Hzリフレッシュレート」についてははまだ不透明であるとのこと。

サムスンは8月5日、Galaxy Unpackedイベントを開催します。

【関連記事】

Galaxy Note20 Ultra の本体プレス画像がリーク。高級感ある銅カラー。サムスン公式サイトから サムスン電子ロシアの...

SOURCE:TWITTER(上掲)

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク