Galaxy Tab S7+の本体デザインがリーク。12.4型・OLED・デュアルカメラ

スポンサーリンク

Galaxy Tab S7+の本体デザインがリーク。12.4型・OLED・デュアルカメラ

サムスンが開発を進める、新型タブレット「Galaxy Tab S7」「Galaxy Tab S7+」。

前回のGalaxy Tab S7に続き、「Galaxy Tab S7+」の本体デザインがリークされました。情報提供者@OnLeaks氏によるリークなので、ほとんど正確なものだと思われます。

Galaxy Tab S7+のデザインのようす

・ディスプレイは12.4インチOLED、本体サイズは285×185×5.7mm。デザインの方向性はTab S7から変わりません。

(参考:Galaxy Tab S7はサイズ253.7 x 165.3 x 6.3mm)

・メインカメラはデュアルカメラ。ディスプレイは120Hzリフレッシュレートに対応しています。

・本体側面には、SIMスロット、ボリュームキー、電源ボタンを確認。ポートはUSB-Cです。

【関連記事】

「Galaxy Tab S7」の本体デザインがリーク。11型・OLED・デュアルカメラ。著名情報提供者から サムス...

SOURCE:pigtou.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク