情報提供者「新型Galaxy Watchの開発が4月から開始された」。ファームウェアの解析から

スポンサーリンク

情報提供者「新型Galaxy Watchの開発が4月から開始された」。ファームウェアの解析から

情報提供者のblossomcy1201氏によると、サムスンは先月4月から、新型Galaxy Watchの開発に取り組み始めたとのこと。

これは氏がファームウェアを解析してわかったことで、モデルナンバー”SM-R850””SM-R855”といった名前のモデルが確認できます。

それぞれ、Bluetoothモデル、セルラーLTEモデルであるとのこと。

なお「SM-R850」については、先日認証通過が確認されています。

内部ストレージがこれまでの2倍となる「8GB」、バッテリー容量も現行モデルより大容量な「330mAh」と、順当な性能アップがうかがえるものに。

新型Galaxy Watchが認証通過。ストレージ容量がこれまでの倍の8GBに ここ数年、毎年少なくとも1機種以上...

それぞれ「Galaxy Watch 2」または「Galaxy Watch Active 3」として、Galaxy Note 20シリーズとの同時発表が噂されています

source:twitter

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク