台湾紙報道、iPhone 12シリーズではiPad Pro同様LiDARスキャナを搭載

スポンサーリンク

台湾紙報道、iPhone 12シリーズではiPad Pro同様LiDARスキャナを搭載

台湾の経済シンクタンク・経済メディアのDigitimesが最新レポートとして、アップルの新型スマートフォン「iPhone 12」シリーズにおける「LiDARスキャナ」の搭載を伝えています。

優れた性能を持つLiDARスキャナ

iPad Proでの搭載で知られる「LiDARスキャナ(dToFセンサー)」。このセンサーは、より細やかなセンシング精度や屋外での使用も強いといった点で、Androidスマートフォンなどライバル機種が搭載する「iToFセンサー」より優れているものとされています。

先日は米経済メディアBloombergからも同内容が報告されており、どうやら、iPhone 12シリーズにおけるLiDARスキャナの搭載は確定的と言ってよさそう。

なおBloombergはLiDARスキャナが搭載されるiPhone 12のモデルをレポートしていましたが、今回のレポートではそれには触れていません。

いずれにしろ、iPhone 12シリーズにおけるカメラ性能の進化に期待したいところとなっています。

・LiDARスキャナ(dToF方式)と一般的なToFセンサー(iToF方式)の違い

【関連記事】

米経済誌報道:新型「iPhone 12」のうち、5Gミリ波対応は「iPhone 12 Pro Max」のみ アメリ...
米経済メディア「今年秋に新型 iPad Air が発売。iPad Pro のようなデザイン」「iPhone 12 Pro Max は、iPa...

SOURCE:digitimes.commacrumors.com

参考文献、図の出典元:日経XTECHYOUTUBE

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク