新型「OPPO Reno4 Lite」がリーク。FCC認証通過

スポンサーリンク

新型「OPPO Reno4 Lite」がリーク。FCC認証通過

先日は新型スマートフォン「Oppo Reno4 SE」を発表した、OPPO。

今回新たに、同社の新たなデバイス、「OPPO Reno4 Lite」がFFC認証を通過。存在が明らかになっています。

OPPO Reno4 Liteは、本体サイズが160.1 x 73.8 x 7.5mm、重さ164グラム、バッテリー容量が4,000mAh。モデルナンバーは”OPPO CPH2125”。

なおリーク元のサイトPlayfuldroidは、今回の新型機種に対しそのスペックの特徴から、すでに海外で発売されている「Oppo F17 Pro」の名前変更品になるとしています。

Oppo F17 Proのスペックは以下の通り。

ディスプレイが6.43インチS-AMOLED、解像度フルHD+、20:9アスペクト。OSがColorOS 7.2 / Android10。チップセットにHelio P95、メモリ8 GB LPPDR4x、最大128 GBストレージ。

メインカメラは4眼クアッドカメラ構成。4800万画素+800万画素+200万画素+200万画素。一方、セルフィーカメラはデュアルカメラで1600万画素+200万画素。

4000mAhバッテリー、30W急速充電をサポート。

全体的に、Oppo Reno4 SEと似たスペックですが、デュアルセルフィ-カメラやHelio P95チップセットなど、異なる箇所も見られます。

・こちらは先日発表された、Oppo Reno4 SE

ソース:playfuldroid

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク