PS5の本体デザイン?ソニーのデザイン特許が話題に

スポンサーリンク

PS5の本体デザイン?ソニーのデザイン特許が話題に

ここ最近では2020年2月に発表ともっぱらの噂である、ソニー・インタラクティブエンターテインメントの新型ゲーム機「PlayStation 5(プレイステーション5)」。

今回、SIEのデザイン特許がWIPO(世界知的所有権機関)データベースに登録され、話題を集めています

・今回の特許デザイン

正体不明な今回の電子デバイスは、「V(5)」を模したと思われる中央部のデザインが特徴的。ほかディスクスロット、円形の電源ボタン、ポート類、通気口などが確認可能。特許区分は、クラス14.02。

デバイスのデザイナーは、ソニー・インタラクティブエンタテインメント HW設計部門 メカ設計部 部長である「鳳 康宏」氏。鳳氏は、PS4のデザインを担当したことでも知られています。

今回の特許をレポートしたサイト・LetsgoDIGITALは、「今回のデザイン特許は、PS5本体かPS5開発機のものだろう」とコメント。いやはや、期待が高まります。

VIA:LetsgoDIGITAL

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク