新型MacBook Airは18年後半発売に延期。Retina化&スリムデザイン化、など

スポンサーリンク

新型MacBook Airは18年後半発売に延期。Retina化&スリムデザイン化、など

6月に開催のWWDCも近づき、近日内の登場に期待が高まるアップルの「新型13インチMacBook Air」。

しかしながら台湾の経済メディアDIGITIMESによれば、この新型デバイスは先日、量産開始時期の延期と発売時期の延期が決定したそうです。

DIGITIMESによれば以下の通り。

・新型MacBook Airは本来、2018年第2四半期(4月〜6月)に量産開始予定だった

・しかしながら最近、18年後半の延期が決定した

・量産時期の延期により、発売も18年後半に延期される

・Retinaディスプレイ&スリムデザインに

また一部スペック・価格も明らかになっています。

・Retinaディスプレイを採用し、デザインがよりスリム化する

・インテルの最新チップセットCPUを搭載

・価格は999ドル〜899ドル(約11万円〜10万円)。799ドル(約8万8000円)もありうる

信頼できるソースから具体的な情報が出てきた新型MBA。発売は少し遠のきましたが、発売は確実なのかもしれません。

Source: DigiTimes

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク