新型 iPhone SE3、スペックまとめページ。3/9発表

スポンサーリンク

新型「iPhone SE3」、スペックまとめページ

アップルの新型「iPhone SE3」の情報を紹介しています。

更新情報

4/5:「5:当初予定より数百万台減産」

3/24:「9:バッテリー容量が増量」

3/19:「10:iPhone SE3の主な残念ポイント」「8:メモリ容量は4GB」「9:アナリストによる、2022年予想出荷台数」

1:iPhone SE 第3世代のスペック

2022年3月9日に、「iPad Air5」「Mac Studio」「Apple M1 Ultra」らとともに正式発表されました。

・発売日情報

予約注文:2022年3月11日午後10時

発売日:同3月18日

・スペック

ディスプレイ:4.7インチRetinaHD液晶、True Toneディスプレイ、広色域ディスプレイ(P3)、明るさ輝度625ニト

解像度:1,334 x 750ピクセル

画面密度:326ppi

メモリ:4GB

ストレージ:64GB/128GB/256GB

チップセット:A15 Bionic。2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した6コアCPU、4コアGPU、16コアNeural Engine

メインカメラ:12MP広角カメラ、f1.8、最大5倍デジタルズーム、光学式手振れ補正、4K60fpsビデオ撮影、進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード

フロントカメラ:7MP、f2.2、進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード

顔面認証Face ID:なし

指紋認証:あり(ホームボタンのTouchID)

5G通信:○対応

バッテリー:ビデオ再生最大15時間、オーディオ再生最大50時間、高速充電に対応し、30分で最大50%充電

バッテリー容量:2018mAh

高速充電:30分で最大50%充電(別売りの20W以上のアダプタを使用)

ワイヤレス充電:○(Qi充電器に対応)

MagSafe:×非対応

サイズ:138.4 x 67.3 x 7.3mm

重量:144g

防沫性能、耐水性能、防塵性能:IEC規格60529にもとづくIP67等級
(最大水深1メートルで最大30分間)

3.5mmイヤフォンジャック:なし。搭載されない

インタフェース:Lightning

本体カラー:スターライト、ミッドナイト、レッド(PRODUCT RED)

・価格情報

本体価格は64GBモデルが5万7800円、128GBモデルが6万3800円。今回新たに追加された256GBは7万6800円となっています。

New→2:本体デザイン。Touch ID搭載

「iPhone SE 第2世代」から、本体デザインの変更は行われていません。

すなわち、「ベゼルあり」「指紋認証センサーTouch IDあり」なデザインのまま。

・左から、レッド(PRODUCT RED)スターライト、ミッドナイトの各機種

New→3:メインカメラはシングルカメラのまま。デュアルカメラの噂もあったが…

・メインカメラはシングルカメラのまま

iPhone SE3では、iPhone SE2からメインカメラの性能アップは行われていません。

すなわち、12MP広角カメラ、f1.8、最大5倍デジタルズーム、光学式手振れ補正、4K60fpsビデオ撮影、進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード、など

・デュアルカメラ搭載の噂もあった

アメリカの大手ITサイトMacRumoursは、2021年のレポートで、iPhone SE3は、メインカメラがメインカメラ+超広角カメラのデュアルカメラ構成になるとしていました。

New→4:ディスプレイは液晶のまま

iPhone SE2では液晶だったディスプレイ(Retina HDディスプレイ)が、新たに、有機ELディスプレイ(Super Retina ディスプレイ)になるとの話がありました。

ただ結局、ディスプレイは液晶ディスプレイのまま変わっていません。

New→5:当初予定より数百万台減産

日本経済新聞の英語版、Nikkei Asiaがレポート。

それによるとアップルは第3世代iPhone SEの生産台数を当初予定より20%減らすことにした様子。具体的には、200万~300万台の減産となるようです。

・アナリストによる予想生産台数

TFIのミンチー・クオ氏によると、アップルは2022年、iPhone SE3 第3世代を2500万台~3000万台ほど出荷するとのことです。

アナリスト予測による、iPhone SE3の記憶容量ストレージ・本体カラー・出荷台数が明らかに アップルに関する情...

6:5G通信に対応

・iPhone SE3も5G対応

iPhone SE3では5G通信に対応しています。

噂レベルの情報によれば、搭載モデムはクアルコムのX60。なおこれまでのレポートによれば、アップルは早ければ2023年から、iPhoneの積載モデムは自社製に切り替えます。

・これで全iPhoneが5G対応

「iPhone SE 第3世代」も5G通信に対応することにより、iPhone 13シリーズあわせ、これですべてのiPhoneが5G通信に対応しています。

なおTFI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏曰く、「iPhone SE3は、最も安い5G対応 iPhoneになる」とのこと。

7:搭載チップは最新「Apple A15」

・最新 Apple A15を搭載

チップセットには最新「Apple A15」を搭載。

Apple A15は、2021年9月に発表・発売された、最新モデル「iPhone 13」シリーズにて搭載されている新型SoCです。

8:搭載チップ「A15」のAntutuベンチマークスコア

SoCには「Apple A15」を搭載。

似たスペックにある「iPhone 13 mini(メインメモリ4GB)」のAntutu公式ベンチマークスコアは以下の通りとなっています。

・「iPhone 13 mini」のAntutu公式ベンチマークスコア

Antutu総合スコア CPU GPU メモリ ユーザーインターフェイス
79万6152 21万1495 33万8919 11万5751 12万9987

なお、「似たスペック」といってもメインメモリ容量はiPhone 13 miniの方が多いので、実際はこのAntutuスコアを下回ることとなりそうです。

・GeekBench 5グラフィックスのベンチマーク結果

iPhone 13の場合、グラフィック性能を示すベンチマークソフト「GeekBench 5 Metal」のスコア結果は「10608」。これはA14 Bionicチップを搭載するiPhone 12のスコアより、約15%高いものとなっています。

・省電力モデル「Apple B14 Bionic」が採用される?

一方で、台湾のシンクタンクDIGITIMESは、「iPhone 12」「iPad Air 第4世代」などに搭載された「Apple A14 Bionic」が採用されるとしています。

そのほか、A14の省電力バージョン「Apple B14 Bionic」が搭載されるとの話も存在します。

New→9:メモリ容量は4GBに増量

・メモリ4GBを搭載

アップルからは搭載メモリ容量が非公開となっているiPhone SE3ですが、「ベンチマークソフトGeekBench」、「Xcode」などから、搭載メモリ容量は4GBであることが判明しています

iPhone SE 3、搭載メモリ数が判明 最新Xcodeから Appleから先日発表された「iPhone SE ...

・元々、3GBメモリ搭載との予想も…

著名アナリスト、TFインターナショナル証券のミンチー・クオ氏など多くの識者は、iPhone SE 第3世代のメモリ容量を「3GB」と予想していました。

・歴代iPhone SEのメモリ容量比較

モデル名 メモリ容量 発売日 チップセット
iPhone SE1 2 GB LPDDR4 2016年3月 A9
iPhone SE2 3GB LPDDR4X 2020年4月 A13 Bionic
iPhone SE3 4GB 2022年3月 A15 Bionic
iPhone SE4 4GB? 2023年? A16 Bionic?

New→10:バッテリー容量が増量

アップルからは公表されていない、iPhone SE3。ただ有志による分解によれば、これまでの「1,821mAh」から「2,018mAh」へとバッテリー容量が増えていることが明らかになっています

New→11:iPhone SE3の主な残念ポイント

iPhone SE3に対し考えられる、主な「残念ポイント」は次の辺りでしょうか。

・デザインがこれまでと同じ。「狭フチ化、パンチホール型ノッチデザイン」がなされていない

・デュアルカメラではなく、シングルカメラ

・ナイトモードを搭載していない

・MagSafeを搭載していない

iPhone SE3で搭載されなかった機能、残念ポイント5つ ユーザーから期待されるも、搭載が叶わなかった...

【2023年発売モデル】

New→12:iPhone SE4が2023年発売。画面大型化、デザインの大幅変更

2023年には、次のモデル「iPhone SE4」の発売が予想されています。

調査会社DisplaySearch のCEO、ロス・ヤング氏によると、この「iPhone SE4(iPhone SE Plus)」では、ディスプレイが大型化して「6.1インチ」になるとのこと。

デザイン面でも変更が加えてられ、ノッチ形状は2022年発売の「iPhone 14」シリーズと同じ「パンチホール型」に。

発売は2023年です。

【関連ページ】

新型「iPhone SE4(iPhone SE Plus)」、リークスペック情報まとめ 発売が噂されている...

・iPhone SE4の予想デザイン

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク