新型 iPhone SE3/SE Plus 、リークスペックまとめページ

スポンサーリンク

新型「iPhone SE3(SE Plus)」、リークスペックまとめページ

・こちらは現在発売中の「iPhone SE2」

2021年の発売が予想されている、アップルの新型スマートフォン「iPhone SE3(iPhone SE Plus)」のリーク情報を紹介しています。

更新情報

1/13:「1:発売時期・製品名・価格」

New➾1:発売時期・製品名・価格

製品名:iPhone SE3(iPhone SE Plus)

発売時期:2021年4月~下半期

価格:2万円台の低価格?

登場時期に関しては、意見が分かれている。

中国サプライヤー情報として「2021年4月」の発売が伝えられる一方で、TFセキュリティーズ証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏は2020年11月のレポートにおいてにおいて「2021年後半・下半期」の発売を述べている。

またリーカーのMauriQHD氏によれば、アップルは現在、本体価格200ドル~300ドル(約2万1000円~約3万2000円)の低価格iPhoneのリリースを計画中。

これがiPhone SE3になると噂されている。

2:iPhone SE3のスペック

製品名:iPhone SE 第3世代 / iPhone SE Plus

ディスプレイ:6.1インチ、Retinaディスプレイ

画面密度:326ppi

チップセット:Apple A14 / Apple B14

(B14はA14の省電力モデル)

指紋認証センサー:TouchIDを電源キーに搭載(iPad Air 第4世代と同じ)。コストカットのため、Face ID顔面認証は投資アされない。

デザイン:ノッチ部分が現在のモデルより狭く、ベゼル部が細くなる

メインカメラ:1200万画素シングル、4K60fps撮影に対応

TFセキュリティーのアナリスト、ミンチー・クオ氏によれば、新型スマートフォン「iPhone SE3(iPhone SE Plus)」は。2021年に発売されるとのこと。

3:ベゼル部分が狭くなったデザイン

・予想デザイン(コンセプト動画)

これまでのリーク情報によれば、コストカットのため、顔面認証Face IDは搭載されず。代わりにiPad Air 4のように電源キーに指紋認証を搭載する形になるとのこと。

またFace IDを搭載しないことで、大きなノッチ部分が必要なくなり、狭いベゼルデザインに。

4:搭載チップセットは「Apple B14」が採用?

搭載チップセットは2020年に発売された「iPhone 12」シリーズ、「iPad Air 第4世代」に搭載された「Apple A14」が採用される模様。

一方でA14の省電力バージョン「Apple B14」が搭載されるとの話も。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク