iPhone SE3で搭載されなかった機能、残念ポイント5つ

スポンサーリンク

iPhone SE3で搭載されなかった機能、残念ポイント5つ

ユーザーから期待されるも、搭載が叶わなかったiPhone SE3の機能・ポイントを紹介します。

iPhone SE3で搭載されなかった機能、残念ポイント

(50音順)

・狭フチ化、パンチホール型ノッチデザイン

iPhoneSE3のリーク初期段階では、本体デザインの刷新の噂が流れていました。これは、ベゼル部分が狭くなり、ノッチもパンチホール型になるというもの。

ただ結局、このデザイン変更は次期モデルの「iPhone SE4」へと持ち越しになったようです。

新型「iPhone SE4(iPhone SE Plus)」、リークスペック情報まとめ 発売が噂されている...

・デュアルカメラではなく、シングルカメラ

iPhone SE3でも、カメラ個数はこれまでのシングルカメラ(12MP)から変わりません

ただ新たに、Deep Fusionに対応。これはピクセルごとに異なる露出を把握し極めて繊細なテクスチャ、パターン、ディテールをとらえた写真に仕上げる画像技術です。

・ナイトモードを搭載していない

iPhone 13シリーズと同じ、「Apple A15」SoCを搭載しますが、ナイトモードには対応していません。

・本体価格

一部リーカーからは、299ドルからの本体価格なる話も飛び出ていたこの新モデル。ただ実際は、常識的な429ドル~となる価格設定にとどまっています。

(注:iPhone SE2は399ドルから)

・MagSafe

ワイヤレス充電としては、Qi(チー)規格には対応しているものの、iPhone 13シリーズなどでおなじみの「MagSafe」には対応していません。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク