シェアする

2023年新型「iPad Air 第6世代」、スペックまとめ情報トピックス

スポンサーリンク

新型「iPad Air 第6世代」、スペックまとめ情報トピックス

更新情報

11/12:「1:新型「iPad Air 第6世代」2023年4月に発売か」

【2023年モデル】

New→1:新型「iPad Air 第6世代」2023年4月に発売か

大手ITサイト「MacWorld」は、2023年3月開催のアップルイベントにて、新型「iPad」モデルの発表を予想しています(登場機種は不明)

これまで、アップルの春のイベントでは毎年「iPhone SE」や「iPad」シリーズの新機種が発表されてきました

【春のイベントで発表された歴代iPadモデルの一覧(2018年以後)】

2022年3月:iPad Air (第5世代)

2021年4月:12.9インチiPad Pro (第5世代)、11インチiPad Pro (第3世代)

2020年3月:11インチiPad Pro (第2世代)、12.9インチiPad Pro (第4世代)

2019年3月:iPad Air(第3世代)、iPad mini(第5世代)

2018年3月:iPad(第6世代)

2:有機ELディスプレイを搭載

・iPad Air6は有機ELディスプレイを搭載

証券アナリストのミンチー・クオ氏のレポートによると、アップルは次期「iPad Air」において、有機ELディスプレイの搭載を計画しています。

有機ELディスプレイの搭載は、元々、iPad Air5において計画されていました。ただ、性能とコストが同社の要件を満たさなかったため、搭載が取りやめになったといういきさつがあります・。

【関連記事】

10月発表、新型 「iPad Pro(2022)」のスペック情報まとめトピックス 2022年発売のモデル、「12....

・有機ELディスプレイiPad、複数モデルが開発中

複数の韓国IT系メディアのレポートによれば、Appleは現在、LTPO有機ELディスプレイを搭載した2つの新しいiPad Proモデルを開発しています。発売は2023年または2024年。

アップルの特許情報を扱うITサイトPatently Appleもまた、出願特許からiPadでの有機ELディスプレイ搭載を予想しています。

3:有機ELディスプレイ搭載のメリット

レポートによると、有機ELディスプレイに搭載により、

「リフレッシュレートの改善」

「Pro Motionがアップデート」

がなされるようです。

4:iPad関連の特許情報など

①: 有機ELバーを搭載するiPadの登場

一部リーク筋から、MacBook Proのように「有機ELバーを搭載する iPad」の情報がもたらされています。

②:iPad 関連の特許

将来的なiPadの姿を予想するのに最適?

「アップルが最近出願した、iPad関係の特許」「ここ最近におけるアップルの動向」を紹介します。

1:iPadやMacBookから、iPhoneへの無線充電が可能になる?

アップルが発売を予定する無線充電機「AirPower」のように、iPadやMacBookからiPhoneへのワイヤレス充電を可能とするもの。

2:リアルタイムな文字認識特許

書かれた文字をリアルタイムに認識する、iPad用手書き文字入力機能

3:ノッチ部分を完全になくす特許

画面に小さな開口部を設け、カメラやセンサーを画面下に配置する。これによりさらなるベゼルレス化とノッチ部分の廃止を可能にする

4:iPadをドッキングしてMac風に使える?

アップルが取得した、iPhoneやiPadを接続してPC風に使えるドッキングステーションの特許。

・画面部をiPadにすることも

【2022年モデル】

5:新型「iPad Air 第5世代」の特徴・価格・発売日

発売日、スペックは以下の通りです。

・発売日情報

注文:2022年3月11日

発売:同3月18日

・iPad Air 第5世代のスペック

ディスプレイ:10.9インチLiquid Retina ディスプレイ

本体デザイン:iPad Air 4と同じ、狭フチ・狭ブチデザイン。本体側面部が角ばったものに

TouchID:電源ボタン部分に内蔵

画面解像度:2,360×1,640ピクセル

画面密度:264ppi

画面明るさ:500ニト

画面特徴:広色域ディスプレイ(P3)、True Toneディスプレイ、耐指紋性撥油コーティング、フルラミネーションディスプレイ、反射防止コーティング、1.8%の反射率

チップセット:Apple M1。8コアCPU、8コアのグラフィックス、Apple Neural Engine

メモリ:8GB

ストレージ:64GB/256GB

メインカメラ:12MP広角カメラ。f/1.8、4K60fpsビデオ撮影、最大5倍のデジタルズーム、5枚構成のレンズ、、Focus Pixelsを使ったオートフォーカス、パノラマ(最大63MP)、スマートHDR 3

FaceTime HDカメラ:12MP超広角、122度視野角

バッテリー:28.6Wh、Wi‑Fiでのインターネット利用、ビデオ再生が最大10時間

Apple Pencil:第2世代「Apple Pencil」に対応

ポート端子:USB Type-C

本体サイズ:247.6mm × 178.5mm x  6.1mm

重さ:Wi-Fiモデル 461g、Wi-Fi + Cellularモデル 462 g

本体カラー:スペースグレイ、スターライト、ピンク、パープル、ブルーの5種

・価格

本体価格はWi-Fiモデルが7万4800円(64GB)と9万2800円(256GB)、セルラーモデルが9万2800円(64GB)と11万800円(256GB)。

6:FaceTime HDカメラは12MP超広角カメラに性能アップ。「センターフレーム」にも対応

・前面カメラの性能がアップ。

メインカメラはこれまでと同じ12MP広角カメラを搭載と変わりません。

一方で、FaceTime HDカメラ(前面カメラ)は、これまでの7MPから12MP超広角カメラに性能がアップしています

・「センターフレーム」に対応

くわえて、iPad Proでもおなじみの新機能、センターフレームに対応します。

センターフレームとは機械学習を用いて、被写体を自動で追尾する機能。被写体がどこに動いても、フレームの中心から外れることなく撮影することが可能です。

・デュアルカメラ搭載との噂もあったけど・・・

こちらはMacOtakaraによる2021年7月のレポート。

それによれば、新型「iPad Air 第5世代」は、iPad Airシリーズとして初めて、メインカメラがデュアルカメラ構成になるとのことでした。

7:搭載チップは「Apple M1」

搭載チップは「Apple M1」。これにより、前モデル比で、

・最大60パーセント高速なCPUパフォーマンス

・最大2倍速いグラフィックス

となっています。

8:iPad Air 5、ベンチマークスコアの結果

ベンチマークソフト「GeekBench」でのテスト結果が公開されています。Apple M1を搭載するだけあって、2021年に発売された「11インチiPad Pro 第3世代」と、ほぼ同じ性能であることが分かります。

・シングルコア

11インチiPad Pro 第3世代(2021年発売):1718

iPad Air 第5世代:1711

・マルチコア

11インチiPad Pro 第3世代(2021年発売):7313

iPad Air 第5世代:7233

・メタルスコア(グラフィック性能を計測)

11インチiPad Pro 第3世代(2021年発売):21498

iPad Air 第5世代:21539

9:本体デザイン

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク