iPhone SE 第2世代、スペック価格情報まとめ6トピックス

スポンサーリンク

新型「iPhone SE 第2世代(iPhone 9)」 、スペック・発売日情報まとめ

アップルの新型スマートフォン、「iPhone SE 第2世代(iPhone 9と噂された機種)」の最新情報まとめページです。

更新情報

4/16:全体的に更新

New➾①:2020年4月24日発売。iPhone SE 第2世代のポイント

4月17日に予約受付開始、4月24日に発売。

・製品の特徴

正式名称:iPhone SE

アナウンス/発売:2020年4月15日/4月24日

デザイン:iPhone 8と同じデザイン、同じサイズ。ノッチあり、TouchIDアリ

スペック:「A13 Bionic」チップセット(iPhone 11に搭載されているSoC)。iPhone SE 第1世代搭載の「A9」より、2.4倍高速。

3.5mmイヤフォンジャック:なし。搭載されない

本体価格:64GBモデルが4万4800円、128GBモデルが4万9800円、256GBモデルが6万800円

5G通信:対応なし

その他:新型コロナウイルス感染症は中国の各地工場に悪影響を及ぼしているが、この iPhone SE 第2世代の生産に影響はない

New➾②:iPhone SE 第2世代のスペック。価格4万4800円から

価格:64GBモデルが4万4800円、128GBモデルが4万9800円、256GBモデルが6万800円。

なお日本で発売されているモデルの場合、iPhone 8は5万2800円、iPhone XRは6万4800円から。

・スペック

ディスプレイ:4.7インチRetinaHD液晶(4.0インチのiPhone SE第1世代より大きく)、True Toneディスプレイ、広色域ディスプレイ(P3)、明るさ輝度625ニト

解像度:1,334 x 750ピクセル

メモリ:未公表

ストレージ:64GB/128GB/256GB

チップセット:「A13 Bionic」。iPhone SE第1世代搭載の「A9」より2.4倍高速。描画性能は4倍

メインカメラ:1200万画素広角カメラ、f1.8、5倍デジタルズーム、光学式手振れ補正、4K60fpsビデオ撮影、ポートレートモード

フロントカメラ:700万画素、f2.2、ポートレートモード

顔面認証Face ID:なし

指紋認証:あり(ホームボタンのTouchID)

バッテリー:iPhone 8とほぼ同じバッテリー駆動時間。ビデオ再生最大13時間、オーディオ再生最大40時間、高速充電に対応し、30分で最大50%充電(噂ではiPhone 8と同じ1821 mAh容量)

ワイヤレス充電:◯対応

デザイン:iPhone 8とほぼ同じデザイン

サイズ:138.4 x 67.3 x 7.3mm

重量:148g

耐水:最大水深1メートルで30分間の耐水性能(IP67)

3.5mmイヤフォンジャック:なし。搭載されない

デュアルSIM:対応

本体カラー:ブラック、ホワイト、レッド(PRODUCT RED)

New➾③:本体デザイン。Touch ID搭載

基本的に、iPhone 8と同じ本体デザイン。ベゼル部分のカラーは黒色。Touch IDと指紋認証センサーが復活

・「iPhone SE 第2世代」のプロモーションビデオ

④:ワイヤレス充電に対応

iPhone 8と同じく、ワイヤレス充電に対応

また噂レベルでは、メイン基盤はiPhone 8と同じものが採用され、バッテリー容量も同機種と同じ1821mAh。

⑤:3.5mmヘッドフォンジャックは搭載されない

3.5mmヘッドフォンジャックは搭載されないものに。

そのため有線イヤフォンで音楽を聴く際は、iPhone 11などと同じく、Lightningポートから変換ケーブルを用いて聴く形に。

⑥:発売の背景。iPhone SE 2はインド市場向け?

これまでの情報によれば、iPhone SE 2は、アップルが巨大市場・インドの攻略を目指して発売する機種とのこと。

【インド市場の特徴】

  • アップルは現在、スマホ市場世界第2位であるインド市場でのシェアを拡大したいと考えている。そのために新型 iPhone SE を発売を計画している。
  • インドは現在、著しい経済成長を遂げているが、まだまだ国民一人当たりの経済環境は厳しいものがある。そのため、中国や韓国と異なり、小型で安価なスマートフォンへの人気が高い
  • iPhone SE 2 は小型で安いスマホを求める、インドユーザー向けの製品になる

【iPhone SE2の製造元について】

  • 次世代 iPhone SEの中心的な製造元は、台湾に本拠地を置くWistron になる。同社は現在、iPhone SEの製造工場をインドのバンガロールに保有しており、そのため同社が選ばれた
  • 次世代iPhone SEはインドの同工場で製造され、まずはインドにて発売される

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. umoo より:

    流石に安っぽすぎない?実際安いんだけどさ
    リンゴマークがついたパチもんにしか見えない

  2. kf より:

    なぜSEと同じ4インチにしない?
    小さくなきゃ意味ない。
    中途半端。

  3. アンチティムクック より:

    ティムクックはセンス0だからiPhone SE2は発売されないと思いますよ。
    早くアップルの社長やめてほしい。

  4. より:

    SEのストレージは64GBです。

  5. 匿名 より:

    最後の需要がないって事は無いと思うが
    昨今での主流サイズは携帯端末なのにイマイチ携帯性に劣るサイズだし
    画面サイズ欲しいならiPad miniの方が良いし

  6. ひとこと より:

    SEはスペシャルエディションの略らしいから安いとは限らんとも書いてある場所も
    小さくてferica使えてtouchidと置くだけ充電でるなら即買う

  7. don より:

    À10チップ搭載で、Face IDが仕様されることはないと思う。
    À11ならわかるけど。

    廉価版なら尚更価格に跳ね返ってくるし、そういう事になると本末転倒。

    自分としては、背面ガラスになってくれればそれで良い。