29,980円から!新型PlayStation 4(PS4) / Pro(Neo) 、PlayStation 5/ PS VR情報まとめ9つ

更新情報

11/10:「3.PS4 Pro/PS4、グラフィック比較と対応タイトル一覧」

ほかゲーム系人気記事

16冬、iPhone/Androidオススメゲームアプリ・ベスト72!

PS4おすすめソフト18本。海外の大作からインディーズゲームまで




新型PS4・PSVR情報、PS5リーク情報まとめ

playstation_4_12

新型PS4”薄型”版

【新型PS4情報】

1.新型PS4・2機種のポイント9つ

①:新型PS4は高性能機版「PlayStation 4 Pro」性能そのまま小型薄型版「PlayStation 4」の2種類が発売。

ps4-4

②:薄型PS4は9月15日発売、29,980円、高性能PS4は11月10日に発売、44,980円

③:薄型版はHDD500GB/1TB、高性能版はHDD1TB

④:高性能版PS4 Proは映像・ゲームどちらとも4K対応に

⑤:高性能機版PS4、「PS4 PRO」のグラフィック性能は現行PS4の2倍

⑥:登場の背景に、OculusやVIBEなどライバルVR機の存在とUltra HD Blu-rayの発売、ユーザーの高性能モデル志向

⑦:薄型PS4は5GHzWi-Fiに対応。通信速度がアップ

⑧:両モデルとも、Ultra HD Blu-rayの再生には未対応

⑨:PS4 Proは4K解像度を謳っているが、多くの対応ソフトは4K(3840×2160)解像度ではなく1800p(3200×1800)解像度。モチロンこれまでのフルHD(1920×1080)よりは高解像度。

2.現行PS4と薄型PS4/高性能PS4 PROの違い

※情報は9/9現在

今のPS4

(CUH-1200)

薄型PS4

(CUH-2000)

PS4 PRO

(CUH-7000)

グラフィック性能 同じ 現行PS4の2倍以上
HDRゲーム対応
4Kビデオ再生 ×
4Kゲーム ×
Blu-ray再生
Ultra HD Blu-ray再生 ×
消費電力 250W 165W/現行比28%低減 310W
重量 2.8kg 2.1kg/現行比16%軽量化 3.3kg
USBポート数 2 2 3
サイズ 275× 53×305

265×39

×288

295×55

×327

Wi-Fi 802.11 b/g/n

(2.4GHzのみ)

802.11 a/b/g/n/ac

(2.4GHz+5GHZ)

802.11 a/b/g/n/ac

(2.4GHz+5GHZ)

価格(税抜) 34,980円(500GB) 29,980円/34,980円 44,980円
HDD容量 500GB、1TB 1TB
カラー ホワイト、ブラック ジェットブラック

参考:Wi-Fiの電波、5GHzと2.4GHzのメリットとデメリット

2.4GHz 5GHz
メリット 障害物に強い 電波が安定し、通信速度も速い
デメリット 電波が不安定になりやすい 障害物に弱い

New⇒3.PS4 Pro/PS4、グラフィック比較と対応タイトル一覧

・PS4 ProとPS4でのグラフィック比較

全体的に、シャープネスさやテクスチャの改善がPS4 Proで行われている様子

Battlefield 1

【Batman Arkham VR】

・PS4 Pro対応ソフト56タイトル一覧

PS4Pro対応ソフトはリストが膨大なので、別ページにて紹介しています。

4.薄型PS4は9/15、高性能PS4 Proは11/10発売

・薄型PS4は9月15日に、高性能PS4 Proは11月10日にそれぞれ発売

価格は薄型PS4が2万9980円、PS4 Proが4万4980円(税抜き)。

5.本体画像

・薄型版PS4の本体画像

playstation_4_3

・新型PS4スリム版の外見上の変更点7つ。薄型小型消音型

①:角が丸みを帯び、横幅縦幅ともにスリムに

②:背面の排気ファンの面積が小さくなっており、これは消音化が期待できそう

③:斜めにスライスしたようなデザインは新型でも健在

④:イジェクトキーと電源ボタンの位置が変更

⑤:光デジタル出力端子が無くなった?

⑥:天頂部のデザイン変更とPSマーク位置変更

⑦:コントローラはライトバーが正面から確認できるようになった

playstation_4_10

playstation_4_9

よりくわしくは⇓

6.PS4 Proは映像・ゲーム両方とも4K対応

PS4 Proは映像・ゲーム両方とも4K対応。今後対応ソフトも発売予定




7.高性能版「PS4 Pro」のグラフィック性能は現行PS4の2倍

・高性能版「PS4 Pro」のくわしいスペック

新型 PS4 Pro 現行PS4/薄型PS4
CPU AMD製Jaguar8コア 2.6 GHz 同Jaguar、8コア 1.6 GHz
GPU AMD GCN, 36コンピュートユニット911MHz AMD GCN, 18コンピュートユニット800MHz
メモリ 8GB GDDR5, 帯域218GB/秒 8 GB GDDR5, 同176GB/s
Wi-Fi 2.4GHz、5GHz 2.4GHzのみ

ゲーム機やモバイル端末のグラフィックス性能(TFLOPS)

Xbox One scorpio(17年後期発売) 6.0
新型PS4 Pro 4.2
現行PS4/薄型PS4 1.84 
Xbox ONE 1.31
Tegra X1(任天堂NXに搭載との噂) 0.512
Snapdragon 820/Apple A9(XperiaXPerformance,iPhone6s) 0.41
Wii U 0.35
Snapdragon 810(Xperia Z5など) 0.32
PS3 0.22

・そのほかの新型PS4のリーク情報

・グラフィックス性能が2倍以上向上。4Kでのゲームにも対応

・GPU2.2倍、CPU1.3倍、メモリ転送速度1.1倍アップ

・4KTVにつないだ時に3840×2160の解像度になるNEOモード。これで使用できる物理メモリは、5.5GB

・メモリサイズは変化無し、もしくは4k描画用に512MB程度の増量

・フルHD1080P録画機能を追加予定

・現行のPS4では30fpsで動作していたタイトルも、新型PS4では60fpsで動作させることも可能に。そのほかのグラフィック機能も追加

8.新型PS4が登場する背景

・ライバルVR機の存在とUltra HD Blu-rayの存在

アメリカの大手経済新聞WSJは、新型PS4が登場することになった背景を解説している(WSJリンク:英語)。

それによると、登場の背景には、PSVRのライバルVR機、OculusやVIVEの存在がある。現行のPS4でもPSVRは十分快適に動作するが、最高級PCと接続した際のOculusなどと性能面で張り合うために、新型PS4の登場が望まれるようになったとのこと。

確かに、すでにテクニカルライターの西川善司氏によるサイト4Gamerでの2015年のインタビューで、ソニー・コンピュータエンタテインメント執行副社長(当時)・伊藤雅康氏は、

①:PlayStation VRという高性能を必要とする新デバイスの登場

②:Ultra HD Blu-rayという現行PS4が対応していない新しいメディアの登場

という2つの理由から「可能性として高性能機版PS4の登場もありうる」と述べていた

【PS VR】

9.PSVR情報

PSVR情報は移動しました。

【PlayStation 5】

10.PlayStation 5、 関連情報3つ

①:SIE社長「新型PS4は最後のPS4アップグレード。次の”新型”は無いし、基本的なゲーム機投入サイクルも変えない」

16年6月の投資家向け説明会でSIE社長アンドリュー・ハウス氏がコメント。新型PS4発売後もゲーム機の発売サイクルはこれまで通りの6年単位で行うとのこと。

・歴代PlayStationの発売日

ハード名 発売日(最速地域)
PlayStation 1994年12月
PlayStation 2 2000年3月
PLAYSTATION 3 2006年11月
PlayStation 4 2013年11月
PlayStation 5

②:アナリスト「PS5とXbox ONE次世代機は2019年初頭発売」

ゲームアナリストとして知られるウェドブッシュストラテジーのマイケル・パクター氏は、PS5とXbox ONE次世代機について、「2019年初頭」のリリースを予想している(リンク)。

③:AMDの新型チップセットの動向

テックサイト「iDigitalTime」はPS5やXbox TWOへの搭載が予想されるAMDの新型APUチップセットの登場が2018年であることから、PS5の登場が2019年や2020年ではなく、2018年に早まるかもしれない、としている。

このAMDの新型APUは、現在PS4に積まれたチップに比べ1Wあたり5倍の性能向上が図られ、4Kテレビをサポートするという(リンク)。

参考文献

西川善司 「西川善司の3DGE:PlayStation事業の戦略軍師,SCE伊藤雅康氏に聞く,PS4進化の方向性。高性能版PS4は登場するのか?」4GAMER、2015年10月23日

The Wall Street Journal ”Sony Plans New PlayStation for Graphics-Heavy Games” March 28, 2016

digitaltimesn4bb