21年新型 Xperia 1Ⅲ・10Ⅲ・1Ⅲコンパクト、リークスペックまとめ8トピックス

スポンサーリンク

21年新型 Xperia 1Ⅲ・10Ⅲ・1Ⅲコンパクト、リークスペックまとめ

更新情報

1/20:「③:ディスプレイの明るさが15%アップ?」「②:Xperia 1Ⅲの予想デザイン」

2021年の発売が噂される、ソニーモバイルの新型スマートフォン。スペックまとめ情報ページです。

New➾①:Xperia 1Ⅲのスペック・発売時期

発表/発売時期・2021年2月/同前半

価格:1199ドル(約12万4000円)

・スペック

ディスプレイ:6.7インチ HDR OLED、4K DCI Cineディスプレイ

画面特徴:画面密度650ppi。90Hzリフレッシュレート(4K解像度時)、120Hzリフレッシュレート(フルHD解像度時)、120Hzモーションブラーリダクション、240Hzタッチサンプリングレート

画面解像度:4K DCI(4096×2160

チップセット:クアルコム Snapdrgaon 888

メモリ:8GB

ストレージ:128GB / 256GB / 512GB

メインカメラ:3眼トリプルカメラ。1500万画素メイン+1500万画素超広角+1500万画素望遠。5000万画素カメラを搭載との話も

バッテリー:5000mAh。35W急速充電、Qiワイヤレスチャージ対応

通信:Wi-Fi 6(通信速度最大9.6Gbps)、ミリ波対応の噂も

防水防塵:IP65/ IP68

指紋認証:本体側面部に搭載された、電源ボタンにて認証(これまでと同じ)

その他:3.5mmヘッドフォンジャック、フロントステレオスピーカー

New➾②:Xperia 1Ⅲの予想デザイン

・予想デザイン

よりベゼル部分が薄く狭く小さく、洗練されたデザインに。カラーリングは、高級感をアピールし気品あるものに。

・ソニーが小型センサーを開発中との噂

リーク情報によれば、Xperiaの前面カメラ周りのベゼルを小さく狭くスッキリさせるため、ソニーが現在、小型センサーを開発しているとのこと。

噂:ソニーが超小型カメラセンサーを開発中。Xperia 1Ⅲではベゼル部分がかなり薄くなるとの話 情報提供...

New➾③:ディスプレイの明るさが15%アップ?

「視野角」「120Hzリフレッシュレート」などといった画面性能は高評価は受けるも、「画面の明るさ・輝度」については、イマイチな評価を受けてきたこれまでのXperia。例えば2020年のモデル「Xperia 1Ⅱ」「Xperia 5Ⅱ」にしても、他社製スマホに比べ、厳しいコメントが寄せられている。

海外サイトレビュー「Xperia 1Ⅱ、日当たりの良い屋外では画面が薄暗い」 複数のサイトレビューから寄せ...

ただリーク情報によれば、新型「Xperia 1Ⅲ」では画面明るさが改善。これまでより15%明るくなるとのこと。

④:Xperia 1Ⅲ Compactのスペック

発売時期・2021年前半

・スペック

ディスプレイサイズ:5.5インチ

チップセット:Snapdragon 775

5G通信:対応

小型モデルの人気が再燃してるためか、Xperia 1シリーズの高性能モデルの存在が囁かれています。

CPU性能的には、「Xperia 1シリーズ」「同5シリーズ」と「Xperia 10シリーズ」の中間といった立ち位置。

⑤:Xperia 10Ⅲのスペック

チップセット:Snapdragon 690

発売はほぼ確実も、まだスペックはほとんど不明。

⑥:搭載チップは高性能「Snapdragon 888」

Xperia 1Ⅲに搭載されることが見込まれる、クアルコムの新型チップセット「Snapdragon 888」。

【Snapdragon 888のスペック・特徴機能】

・CPU、GPU、ゲーム

搭載CPUは「Qualcomm Kryo 680」。現行Snapdragon 865比で25%の性能向上を実現し、電力効率も25%アップ。クロック周波数は最大2.84GHz。

一方のGPUは、「Adreno 660」。レンダリング性能が35%高速化。

加えて高フレームレート、低レイテンシーのゲーム向けに設計されており、NvidiaやAMDの最近のGPUに搭載されているる技術「可変レートシェーディング(VRS)」にも対応。

ほかGame Quick Touch機能では、タッチのレイテンシを最大20%削減。ほか最大120fpsで動作、10ビットHDR、サブピクセルレンダリングをサポート。

・カメラ

Snapdragonとして初めてトリプルISPを搭載。これにより3つの別々のカメラストリームの同時処理が可能に、例えば、3つの4K HDRビデオストリームを同時に処理したり、3つの28MP写真を同時に撮影したりすることができるものに。

また各カメラが独自ISPを取得することになり、超広角カメラから広角、そして望遠カメラへのスムーズな切り替えが可能。以前のトリプルカメラ/デュアルカメラのISP設計では、携帯電話がビデオフィード間で切り替わる際に「ラグ」が発生していました。

そのほかHEIF画像フォーマットでの10ビットHDR写真の記録や、4K動画での120fps撮影にも対応。

・5G

クアルコムのチップセットとして、Snapdragon X60 5Gモデムを採用。加えてSnapdragon 865と異なり、モデムが外部チップではなく統合する形に。

機能面では5G サブ6およびミリ波をサポートし、ダウンロード速度は下り最大7.5 Gbps、上り最大3Gbps。

またWi-Fi 6にも対応し、業界最速のモバイルWi-Fi最大3.6Gbpsの速度に達するものに。ほかBluetooth 5.2もサポートしています。

・AI

「第6世代AIエンジン」と「Qualcomm Hexagon 780チップ」の組み合わせにより、26TOPS(S865は15TOPS)を実現。電力効率も大幅に改善し、1ワットあたりのパフォーマンスは最大3倍に向上。

・リリース時期、製造プロセス

Snapdragon 888は、搭載端末が2021年第1四半期(1月~3月)にリリース。製造プロセスは5nm。

⑦:折りたたみ型Xperiaの噂

前々から存在する噂として、「折りたたみ型Xperia」が発売されるとの話。

なんでも、ディスプレイが「巻き物のように収納可能」なのだとか。くわえて、メインカメラは光学10倍ズームを誇るものに。

【スペック】

画面:LG製有機ELディスプレイ

メインカメラ:10倍光学ズームカメラ

デザイン:Nautilus Design(ノーチラスデザイン;巻き物のような形状を持つディスプレイを採用した、折りたたみ型スマートフォン)

バッテリー:3220mAh

モデム:Qualcomm X50(5G対応)

・巻き物型有機ELディスプレイの例

噂:巻き物形状の折りたたみ型Xperiaが登場。5G対応・10倍光学ズーム ・画像は秋登場のXperia 2のものです。 ...

⑧:6眼カメラ搭載、「Xperia 0」が開発中?

リーク情報によれば、ソニーモバイルが現在、メインカメラに6眼カメラ、前面に2眼カメラを備えたスマートフォンを開発中とのこと。

【6眼Xperiaのスペック】

メインカメラ:6眼ヘキサカメラ

前面カメラ:2眼デュアルカメラ

ほか、スペックや発売時期などは「一切不明」

予想デザイン

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク