スターフォックス ゼロのフレームレート解析が公開

スポンサーリンク

スターフォックスゼロのフレームレート解析が公開

4月21日に発売されるWiiU用ソフト「スターフォックスゼロ」について、プレイ動画からのフレームレート解析が行われました。

任天堂とプラチナゲームズは『スターフォックスゼロ』の開発に当たって「60FPSを目指して開発した」とのことですが、「惑星コーネリア」と「セクターα宙域」ステージにおいてなされた解析を見る限りでは、コーネリアのステージでは時に50FPS、一方のセクターα宙域では40FPSあたりまで落ちるシーンがあります。

本作はゲームプレイ中、HD1280×720解像度のメインゲーム画面と854×480解像度のゲームパッド用の画面と、実に2画面分が描画されているわけですが、「それらの出力のために、ところどころFPSが落ちていることにつながった」と解析を行ったDigitalFoundryはみています。

スポンサーリンク

フォローする