「今回流れた」Xperia X Premiumのリークはデマと、ソニーモバイル台湾が明らかにする

スポンサーリンク

「今回流れた」Xperia X Premiumのリークはデマと、ソニーモバイル台湾が明らかにする

Xperia_X

先日流れた「Xperia X Premium」の情報が明確なデマであることをソニーモバイル台湾が明らかにしたと、台湾のマスコミ「ePrice」が伝えています。

リーク情報によれば、Xperia X Premiumは次のようなスペック。「5月登場」とのことでしたが…。

CPU Snapdragon820
メモリ 3GB LPDDR4
記憶容量 64GB eMMC 5.1
画面 5.5インチ HDR対応、120Hz、1000~1200ニット、WhiteMagic IPS-NEO液晶、コントラスト比1:2000
解像度 フルHD
バッテリー 3720mAh
USBポート USB Type-C
重さ Xperia Z5 Premiumより軽い
デザイン ベゼル幅はXperia Xとほぼ同じ。一方、同じインチサイズのZ5 Premiumより縦幅が狭くなり画面が大きく感じられるように
防水 あり

世界初のHDRディスプレイ搭載スマホということで、リーク情報が流れた際には待する声も大きかっただけに、こうもはっきりと否定されると、それはそれで残念なところ。

ただ一方で、ソニーモバイル台湾が否定したのは今回のリークスペックだけで、開発そのものは否定も肯定もしなかったとのこと。

そうなると端末そのものには期待したいところですが、スマホ市場を取り巻く環境も微妙に変化を迎え、円熟期に差し掛かろうとする今現在、果たしてどうなるのでしょうか。

[ePrice]

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク