スナドラ821+UFS 2.0、ウルトラスペックな「ZenFone 3 Deluxe ZS570KL」

スポンサーリンク

スナドラ821+UFS 2.0、ウルトラスペックな「ZenFone 3 Deluxe ZS570KL」

Zenfone_3_deluxe

まだまだ発売はまだですが、気になる「ZenFone 3 Deluxe」の詳細スペック情報です。

ZenFone 3 Deluxe ZS570KLの主なスペック

OS Android 6.0+ZenUI 3.0
筐体素材 アルミニウム
CPU Snapdragon 821 2.4GHzクアッドコア
GPU Adreno530
RAM 6GB
容量 UFS 2.0 256GB
画面 5.7インチ有機EL、解像度フルHD1920x1080、コントラスト比1:300万
画面密度 386ppi
画面本体比率 79%
メインカメラ ソニー製IMX318、2300万画素、デュアルLEDフラッシュ
カメラ特徴 4軸光学手振れ補正、3軸電子式手振れ補正、F値2.0
前カメラ 800万画素
通信 Cat.13 (600/150 Mbit/s)
ポート USB Type-C(通信速度はUSB2.0準拠)
カラー グレー、ゴールド、シルバー
バッテリー 3000mAh
SDカード microSDXC 128GB
サイズ 156.4 x 77.4 x 4.2~7.5 mm
その他 指紋認証センサー、QuickCharge3.0搭載で39分で60%充電、ハイレゾ音源再生、Always on Display
価格 499ドル(64GBモデル、約5万5000円)

Snapdragon 821搭載

チップセット「Snapdragon 821モデル」も用意されるとのこと。

Zenfone3DX

SSD並に高速なUFS 2.0搭載

ストレージはGalaxy Sシリーズにも搭載されている、SSD並の高速な読み書き性能を持つ「UFS 2.0」を採用。

・eMMCとUFS 2.0の速度の違い

eMMC Version 4.3 0.4Gビット/秒
UFS 2.0 11.6Gビット/秒

・eMMCとUFS 2.0の違いが分かる動画

https://www.youtube.com/watch?v=iTvC0kiecA0

バンド・周波数帯

・LTEバンド帯「B19」にも対応し、田舎や山間部でも電波が届く

GSM 850, 900, 1800, 1900 MHz
UMTS 800,850,900, 1700/2100,1900,2100 MHz
FDD LTE B12/B17/B28/B29/B18/B19/B20/B5/B26

/B8/B4/B3/B2/B1/B7

TDD LTE B39/B40/B41/B38

参考①:ドコモLTE回線

メインはバンド1、次いでバンド19

周波数帯 説明
B1 2.1GHz帯 メインバンド。下り最大37.5〜112.5Mbps。カバー範囲は全国
B3 1.7GHz 下り最大150Mbps。東京、大阪、名古屋のみ。
B19 800MHz帯 下り最大75Mbps。郊外や山間部で使用。遮断物に強く、建物の中にも届きやすい。いわゆるプラチナバンド
B21 1.5GHz帯 下り最大112.5Mbps。北海道、東北、四国、北陸。
B28 700MHz帯 15年1月より使用。都市部。いわゆるプラチナバンド

参考②:auLTE回線

auはドコモと異なり、各バンド帯ごとでのエリアの公表をしていない。ただメインはバンド18であるそうです。

周波数帯 説明
B1 2.1GHz帯 通常エリア:下り最大37.5〜50Mbps。
CA対応エリア:下り最大150Mbps。
B11 1.5GHz帯 下り最大 75Mbps。エリア狭らしい
B18 800MHz帯 下り最大37.5〜150Mbps。auのメイン周波数帯。建物内も強いプラチナバンド。
B26 800MHz帯
B28 700MHz帯 15年から利用開始。プラチナバンド。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク