【ゲームレビュー】SFC風、ドット絵グラフィックなRPG『ヴァルハイトライジング』

スポンサーリンク

【ゲームレビュー】SFC風レトロなグラフィックなRPG『ヴァルハイトライジング』80点

ゲームレビューコーナー、今回はドット絵なRPG『ヴァルイハイトライジング』です。

【ここが○×&レビュースコア】

・レビュースコア:80点

ここが○ ここが×
SFC風なドット絵グラフィックが懐かしい チュートリアルが二度と見られない
何度でも同じストーリーで繰り返し遊べる アイテム開発に時間がかかる
シンプルなゲームシステム バグが多い
わかりやすいストーリー

【ゲームの内容】

valhightrising
ヴァルハイトライジングは、魔獣討伐騎士団の少年二人(ちょっと抜けているが明るい性格のカイトと、控えめで大人しいレニウス)が、王様に呼ばれて船で王都へ向かうところからゲームが始まります。

主人公であるカイトは、元々王都で訓練を受けて騎士になったので、4年ぶりに王都へ戻るのを楽しみにしていました。

valhightrising (2)

王様に会って話を聞いてみると、カイトたちを呼んだのは王都の近くに最近出現した異世界への扉をくぐり、調査してきてほしいという頼みごとをするためでした。

その扉とは、1000年前に人間たちが異世界に封印した破壊の神が1000年かけて封印から解放され、復活を遂げようとして開けたもの。

4つある扉からそれぞれの世界に行き、各世界にある4つの「マザーライズ」、つまり神の力の源を破壊しろ、というストーリーです。

valhightrising (3)

まさにRPG!って感じですね。

カイトとレニウスの幼馴染で沈着冷静にして無口なイスフェル、「切り札」と称される謎の少女ティアも加わり、4人パーティで冒険を進めていきます。

valhightrising (4)

ゲームの流れとしては、「クエスト」というものを一つ一つクリアしていくことでストーリーが進みます。

クエストは大体戦闘が含まれていて、戦闘に勝つとクエストクリアになります。

・クエストの例
カイトたちが会話しているところに魔獣出現

戦闘

勝利

会話イベントの続き

クエストクリア

こんな感じです。
クエストをクリアすると、次のクエストが出現します。

valhightrising (5)

戦闘は主人公たち本人は戦わず、「ライズ」という召喚獣のようなものを操って戦います。と言ってもバトルでは複雑なことは何もなく、ただ生身の人間は弱いから代わりに召喚獣のようなものが戦ってくれるというもの。

ターン制だけどマス目を移動させて戦うシミュレーションRPGのようなシステムになっています。

基本的な操作としては敵のそばまで移動して攻撃するだけでいいんですが、敵の位置だけでなく仲間のライズの位置も考慮して動かすと、「コンボ」が発動して敵に大ダメージを与えることができます。

コンボとは複数の味方で敵を袋叩きにすることであり、普通に攻撃するのとは与えるダメージが雲泥の差なので、ゲームを進めていく上で重要になってくることは間違いないでしょう。

valhightrising (6)

↑こんな風に敵を囲んで戦います。「1」とか「2」と数字がついてるのが敵で、それ以外のモンスターっぽいのは味方のライズです。

もう一つ、戦闘中に敵を攻撃することで発動条件が整い、一気に広範囲の敵に大ダメージを与える「オーバーライズ」というものもあります。

valhightrising (7)

↑派手に爆発してます。これがオーバーライズです。

この「コンボ」と「オーバーライズ」をバンバン使っていれば、少なくとも序盤は苦戦することはありませんでした。

コンボは敵も使ってくるので、囲まれないように注意しながら戦わなければなりません。

【このゲームの良いところ】

・レトロなゲームグラフィック

グラフィックがスーファミのゲームのようなドット絵なので、3Dが苦手だったり昔のRPGが好きな人には雰囲気自体がもう楽しい(筆者がまさにそうです)。

・単純明快でわかりやすいストーリー

過去に封印された悪が復活を遂げ、王様から頼まれてそれを倒すというまさにRPGの王道ストーリー。頑張って理解しなくても自然と引き込まれます。

・シンプルな戦闘システムで、初心者でも簡単にどんどんストーリーを進められる

「『コンボ』を使うことが重要だ」と上で書きましたが、攻撃するときに味方で敵を囲むようにだけ意識していれば、コンボは結構適当に戦闘してても発動してくれます。

・「図書館」に行けばもう一回見直したいストーリーを何回でも見直すことができる

しばらくゲームを遊んでなくて話を忘れてしまった場合、既にクリアしたクエストを再びやってもいいんですが、それだと戦闘もしなくちゃならないのでめんどくさい。しかし「図書館」に行けば戦闘なしで過去のストーリーを何回でも見られるので、手間なく簡単に復習できます。

【このゲームの悪いところ】

・チュートリアルが二度と見られない

最初の数回の戦闘で戦い方などをレクチャーしてくれるんですが、その後同じクエストを遊んでも説明の部分は省略されていて、二度と教えてくれません。

コンボ狙いで動く際に味方を移動させる方法があるんですが、一回の説明じゃやり方がよくわからず、もう一回同じクエストで確認しようとしたけど出来ませんでした(これを理解してないとゲーム終盤に苦労するんじゃないかと予想されます)。

・時間のかかるアイテム開発

装備品やアイテムを作るのにリアルな時間がかかる(20分とか)ので、サクサク進めたいときには煩わしいです。

ただしゲームにログインしたときや少ないターン数で戦闘に勝利したときなどに 、開発時間を短縮してくれるアイテムを複数もらえることがあります。

・バグが多い

リリースと同時にバグですぐアプリが回収されたのを皮切りに今でもそこそsこバグが多いようです

【レビュー点数】

80点

ライズの強化や進化などのシステムが個人的にめんどくさいです。でも、育成が好きな人には苦にならないのかも。

アイテム同士を合成して新しいアイテムを作るっていうのも、昔から色んなゲームで使われているシステムですが、あんまり好きではないのでマイナス点。でも色んなゲームで採用されているということは、好きな人も多いんでしょうね。

これをプラスととらえる人もいるのかもしれません。ストーリーは凄くいいので80点くらいをつけさせていただきます。

育成が苦にならない人、スーファミのRPGが好きな人にオススメのゲームです。

プレイ時間:約3時間30分 プレイ機種:Xperia Z5

【ダウンロード】

ダウンロードはこちらから

iPhone版⇓

Android版⇓

スポンサーリンク