世界初、2017年モデルのBMW5シリーズはアップルCarPlayにワイヤレス対応。ワイヤレス充電やWi-Fiホットスポット化も

スポンサーリンク

世界初、2017年モデルのBMW5シリーズはアップルCarPlayにワイヤレス対応

先日発表されたBMW5シリーズの2017年新型モデルですが、プレスリリースによれば、同シリーズはCarPlayとのワイヤレス接続に対応しています。これは世界初とのこと。

smartphone integration has been further improved – from Apple CarPlay (which, in a first for a carmaker, has been incorporated fully wirelessly), to inductive phone charging and the WiFi hotspot for up to ten devices.

出典:BMW 2017年 5シリーズ プレスリリース

・ワイヤレス充電やWi-Fiホットスポット化も

また新型2017年BMW5シリーズでは、CarPlayとのワイヤレス接続のほか、「ワイヤレス充電」「10台まで接続できるWi-Fiホットスポット」といったものに対応しているとのことです。

新型2017年BMW5シリーズは、日本では17年夏の発売が予想されています。

・そもそもCarPlayとは?

apple_carplay

CarPlayはiPhoneが車内でそのまま使えるドライビングデバイス

対応車種や対応カーナビに接続すれば、車に装備されたタッチスクリーンやハンドルのスイッチまたはSiriの音声アシスタントにより、電話・地図案内・メッセージの送受信・音楽再生などの各操作を行うことができます。

これまでCarPlayの使用では、iPhoneをライトニングケーブルで接続する必要がありました。

・CarPlayをベンツCクラスで操作する様子

https://www.youtube.com/watch?v=k2cAnkwQflE

リンク:press.bmwgroup.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク