ドコモ2016年冬モデル8機種比較。画面、性能、バッテリー持ち、各機種のセールスポイントなど

スポンサーリンク

ドコモ2016年冬モデル8機種比較。画面、性能、バッテリー持ち、各機種のポイントなど

・ドコモ2016年冬モデル8機種比較表。画面、Antutu性能、バッテリー持ちなど

画面 CPU 実使用時間 Antutu性能スコア(目安) LTE待受時間 LTE連続通話
XperiaXZ
SO-01J
5.2型 Snapdragon 820 MSM8996 95時間 12.0万スコア 590

時間

1350

XperiaX Compact SO-02J 4.6型 Snapdragon 650 MSM8956 95時間 7.9万 540 850
arrows NX
F-01J
5.5型 Snapdragon 625 MSM8953 未定 6.0万 未定 未定
V20PRO
L-01J
5.2型 Snapdragon 820 MSM8996 未定 12万 未定 未定
AQUOS EVER SH-02J 5.0型 Snapdragon 430 MSM8937 115時間 4.2万 780 900分
MONO
MO-01J
4.7型 Snapdragon 617

MSM8952

80時間 4.5万 580 620分
Disney Mobile on docomo DM-01J 5.0型 Snapdragon 430 MSM8937 未定 4.2万 未定 未定
arrows SV
F-03H
5.0型 Snapdragon 410 MSM8916 85時間 2.4万 640 770分

・各機種の特徴

ソニー:Xperia XZ SO-01J

xperia_xz_docomo

①:3つのセンサーで高速写真撮影と自然な色合いを実現

中でも、新しくレーザーオートフォーカスを搭載したことにより、日光量が少ない夜のようなシーンでもブレない撮影が可能。

Xperia_XZ_camera_3

②:受信最大速度が500Mbps 

・主なドコモ機種の受信時最大速度

機種名 受信最大速度
Xperia XZ SO-01J 500Mbps
V20 PRO L-01J 500Mbps
Galaxy S7 edge SC-02H 375Mbps
Xperia X Performance SO-04H 375Mbps
AQUOS ZETA SH-04H 337.5Mbps
arrows NX F-01J 262.5Mbps
Xperia X Compact SO-02J 262.5Mbps
AQUOS EVER SH-02J 150Mbps
MONO MO-01J 150Mbps
Disney Mobile on docomo DM-01J 150Mbps
arrows SV F-03H 150Mbps

③:長寿命バッテリーと高輝度メタルデザイン

ユーザーの利用形態に合わせてバッテリーの充電速度を調節し、充電速度を自動調節する「バッテリーケア」機能とバッテリー寿命が最大2倍になる「Qnovo」技術を搭載

④:優れた手ブレ補正機能

・iPhone 7との比較

・ソニー:XperiaX Compact SO-02J

xperia_x_compactdocomo

①:コンパクト機種ながら3GBのメモリ

ますますのサクサク操作が可能に

・旧機種Xperia Z3 Compactとの比較

xperiaxcompact

出典:NTTドコモホームページ

②:Xperia XZ同等のカメラ性能

3つのカメラセンサーで写真がキレイ

・富士通:arrows NX F-01J

arrows_nx

①:画面割れに強いSOLID SHIELD構造

arrows_nx_2

出典:NTTdocomoホームページ

②:虹彩認証「Iris Passport」の精度が向上

③:ONKYOとの共同開発したチューニングにより、高品位な音質を実現。

④:一風変わったツートーンカラー

arrows_nx_2-2

出典:NTTdocomoホームページ

・LG:V20PRO L-01J

lg_v20

①:海外製モデルだが防水防塵性能搭載

②:高画質、デュアルカメラ搭載

③:高級オーディオブランドBang & Olufsenによる高音質サウンド

・シャープ:AQUOS EVER SH-02J

aquos-ever-sh-02j

①:圧倒的なバッテリーのもちの良さ

・主な2016年発売スマートフォンのバッテリー実使用時間

機種名 実使用時間
AQUOS EVER SH-02J 115時間
AQUOS ZETA SH-04H 100時間
Galaxy S7 edge SC-02H 100時間
Xperia XZ SO-01J 95時間
Xperia X Compact SO-02J 95時間
arrows SV F-03H 85時間
Xperia X Performance SO-04H 80時間
MONO MO-01J 80時間
V20 PRO L-01J 未定
arrows NX F-01J 未定
Disney Mobile on docomo DM-01J 未定

②:よく使うアプリや機能を割り当てることができる指紋認証機能

たとえば、左人差し指は「カメラ」、右人差し指は「スケジュール」など

aquos_

出典:シャープホームページ

③:人工知能エモパー5.0搭載

ユーザーに最適な情報を、自宅でタイミングよく話しかけてくれる人工知能「エモパー」を搭載。

今回はバージョン5.0となり、歩数や体重増加など健康やダイエットに役立つ情報をさらに多く届けてくれるようになった。

なおエモパーはGPSを使用するが GPS使用時は低消費電力の専用制御ICを使うので、電池消費も気にしなくてOK。

・エモパーの紹介(動画はエモパー4.0)

・エモパーヘルスケア

体重や歩数を気にかけてダイエットに役立つ専門的なアドバイスを提供。また、タニタ製の体組成計とデータが連携できたり、内臓アプリ「からだメイト」で歩数や消費カロリーを管理できる。

Aquos_emopa4.0

・docomo:MONO MO-01J

mono-mo-01j-1

より詳しくは⇓

①:端末価格648円端末(購入サポート適用で)

②:バッテリー持ちは実使用時間80時間。Xperia Z5と同等レベル

③:iPhone 7シリーズと同等な防水・防塵性能

少しのゴミが侵入しても問題なく動くIP5X等級の防塵性能と、30分間水中に使っても大丈夫なIPX7等級の防水性能

・iPhone 7の防水テストのようす

④:Snapdragon 617搭載で、一昔前の高性能スマホ並みの素性能(Antutuスコア4.5万点)

・Snapdragon 617の主なベンチマークスコア

(このスコアはチップセットそのものの性能なので、「MONO MO-01J 」でのスコアと微かに異なる場合あり)

Antutu ver.6 45,000
Geekbench 3 マルチ3050/シングル710
3DMark – Ice Storm Unlimite 9800
Sunspider 1230

・Disney Mobile on docomo DM-01J

今後追記予定

・富士通:arrows SV F-03H

今後追記予定

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)