OnePlus 3の不具合まとめ3つ。バッテリー、プッシュ通知機能など

スポンサーリンク

OnePlus 3の不具合まとめ

oneplus-3-3

性能の良さと本体価格の安さとのバランスで人気のスマートフォン「OnePlus 3」ですが、次のような不具合が報告されています。

・不具合一覧表

不具合 対処法/くわしく書いたページ
①:本体が勝手に再起動してしまう OxygenOS 3.2.4で解決
②:プッシュ通知機能が機能しない 7月の更新プログラムで解決されたとユーザーの声
③:バッテリー持ちが非常に悪い

・不具合の詳細

①:本体が勝手に再起動してしまう

【内容】

本体が頻繁に再起動する

【対処法】

①:この問題はOxygenOS 3.2.4で対処された。 

②:OSアップデート後もこの不具合が起こる場合は、本体を購入時状態ににリセット

②:プッシュ通知機能が機能しない

【内容】

プッシュ通知機能が正しく動作しない

【対処法】

7月中旬のアップデート「OxygenOS 3.2.1」の内容の一つに「通知機能が機能しない不具合の改善」があり、その更新で不具合が解消されたとの声が多い。

まずは本体更新を。

③:バッテリー持ちが非常に悪い

【内容】

最新ソフトウェア OxygenOS 3.2.7 でバッテリーの持ちが悪い

【対処法】

battery-oneplus-3-h1

OxygenOS 3.2.2でのバッテリー持ち

以前のソフトウェア OxygenOS 3.2.2では、正しく待機状態にならない「ウェイクロック」不具合により、待機状態4分ごとに1%のバッテリー消費が行われるなど、バッテリー持ちが実に悪いことが報告されていた。

現在のOxygenOS 3.2.7ではそこまでではないものの、バッテリーの持ちは依然としてあまりよくないようす。

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)