17年2月発表「LG G6」5トピックス。5.7インチ・2880×1440高解像度・防水など

スポンサーリンク

17年2月発表「LG G6」トピックス

2017年2月に開催される「MWC2017」での発表が予想される、LGの次期フラグシップスマートフォン「LG G6」のトピックスページです。

更新情報

17/1/31:「②:スペック」「③:大画面・高解像・ベゼルレス」

・リーク画像

①:発表日

2月26日のLGカンファレンスでの正式発表がLGからアナウンス

情報元:Cnet

New⇒②:スペック

チップセット:Snapdragon 821(Snapdragon 835ではない)

画面:5.7インチ

画面解像度:2880×1440、アスペクト比 2:1

その他:LGV34やV20 Proと同じく、新防水機能を搭載

バッテリー機構:LG G5での着脱式バッテリーは廃止

情報元:CnetThe Investor

New⇒③:大画面・高解像・ベゼルレス

①ディスプレイサイズ:5.7インチ

②べゼルレス:上下のベゼルは0.2mm(LG G5比で20%)削減、左右のベゼルは0.54mm(LG G5比で10%)削減

③画面解像度:2880×1440ピクセル(アスペクト比は2:1)

2017年高性能フラグシップスマートフォンは、このLG G6をはじめとして、サムスンGalaxy S8やソニーXperia 新型機など、どれもディスプレイの性能競争が目覚ましい様子。

【ソニー・サムスン・LG】「大画面・べゼルレス・高解像度」がキーワード?2017年高性能フラグシップスマホは”ディスプレイ戦争”のようす
【ソニー・サムスン・LG】「大画面・べゼルレス・高解像度」がキーワードらしい、17年高性能フラグシップスマホのトレンド ど...

④:LG G5の「モジュラー式取り外し可能なバッテリー」は廃止

・LG G5の売り上げ不振が原因

lgg5_3-1

韓国のサイト「ETNEWS」によると、LG G5で採用されていた「バッテリー部分が取り外すことができ、オーディオパーツやカメラパーツが装着できた「モジュール機構」はLG G6では採用されないという。

注目を集めたモジュール機構だが、結局ユーザーにとっては付け替えるのが面倒であり、G5の売り上げもあまりよくなかったとのこと。

情報元:etnews.com

⑤:Iris (虹彩認証) スキャナー搭載

・LG、小型の新型センサーを開発中

arrows NXシリーズで搭載され、最近ではGalaxy Note 7にも備えられていた、Iris(虹彩)スキャナーを搭載するという噂。LGは小型化を達成する新型 Irisスキャナーを現在開発中だという。

テックサイトGSMArenaに対し、LGは「新型センサーの開発は事実であり、確約はできないが、LGの新型デバイスでのIrisセンサー搭載の可能性はある」と答えている。

・Galaxy Note 7でのIrisスキャナーのようす

情報元:gsmarena

スポンサーリンク