ソニーモバイル、Xperia Xソフトアップデートで「バッテリーセーバー」機能の導入

スポンサーリンク

ソニーモバイル、Xperia Xソフトアップデートで「バッテリーセーバー」機能の導入

ソニーモバイルは、海外で発売されているグローバル版「Xperia X Concept」の新しいソフトウェア「38.3.A.0.83」をリリースしました。

このバージョンではカメラの不具合の改善のほか、新たに「バッテリーセーバー」の導入が行われています。

このバッテリーセーバーでは、かつてのSTAMINAモードのように、Xperiaが特定の残りバッテリー%を下回った際での、バッテリー寿命を延ばすためのオプションが用意されます。

またWi-Fi、Bluetooth、GPS、自動同期をオフにし、画面の明るさや画面タイムアウト時間を調整することも可能です。

参考:

XperiaBlog

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク