HUAWEI nova / nova lite、ベンチマーク・レビュー評判〇×・LTE対応・端末販売状況まとめ5トピックス

スポンサーリンク

HUAWEI nova / nova lite、ベンチマーク・レビュー評判〇×・LTE対応・端末販売状況まとめ5トピックス

ファーウェイの新型SIMフリースマートフォン「HUAWEI nova」「HUAWEI  nova lite」の様々な情報トピックスぺージです。

1.スペック

HUAWEI nova HUAWEI nova lite
CPU クアルコム Snapdragon 625 オクタコア、2.0GHz  Kirin 655 オクタコア、2.1GHz+1.7GHz
OS Android 6.0 Android 7.0
画面 5.0インチ, IPS液晶ディスプレイ 5.2インチ, IPS液晶ディスプレイ
解像度 1,920 × 1,080、フルHD
サイズ

mm

141.2

×69.1

×7.1

147.2

×72.94

×7.6

重量 146g 147g
メモリ 3GB 3GB
記憶容量 32GB 16GB
バッテリー 3,020mAh 3,000mAh
通信機能 3G : B1/5/6/8/19
FDD-LTE : B1/3/5/7/8/18/19/28
TD-LTE :

B38/40

LTE CA DL(国内) :

B1+B19

TD-LTE : B40
GSM :

1.9/1.8GHz/900/850MHz

IEEE 802.11 b/g/n、Bluetooth 4.1
カメラ メイン:1,200万画素 メイン:1,200万画素
フロント:800万画素 フロント:800万画素
インタフェース USB Type-C micro USB
nano SIMスロット×2 nano SIMスロット×2
microSDカードスロット microSDカードスロット
イヤホンジャック イヤホンジャック
その他付属品 リモコン付きヘッドセット ACアダプタ
ACアダプタ USBケーブル
USBケーブル クリアケース
クイックスタートガイド マイク付イヤホン
保証書 クイックスタートガイド
保証書
カラー ローズゴールド、グレー、シルバー ゴールド、ブラック、ホワイト
LTEプラチナバンド対応 B8:○(ソフトバンク)B18:○(au)

B19:○(ドコモ)

3GドコモFOMAプラス対応 B6(800MHz):○

2.海外レビューでの評判○×

すでに発売されている海外でのレビューから

①:Huawei nova

(リンクを踏むと評している海外サイトへジャンプします)

②:Huawei nova lite

まだ海外レビューはありません

ここが○ ここが✖

2.発売日・価格と取り扱い格安SIM会社(MVNO)

・HUAWEI nova、HUAWEI nova liteそれぞれの発売日と価格

【ファーウェイ公式】

ファーウェイ オンラインストア

nova:41,018円

nova lite:未定

格安SIM会社(MVNO)

BIGLOBE

nova:2/21申込受付(ローズゴールドは2/27から)、月1570円×24回(分割)

nova lite:月870円×24回(分割)

IIJmio

nova:3/3発売、3万4800円(一括)・月1500円×24回(分割)

nova lite:2/24発売、1万9800円(一括)・月850円×24回(分割)

※auは後日対応

LINEモバイル

nova lite:1万9900円(一括)

mineo

nova:3/3発売、3万7800円(一括)・月1575円×24回(分割)

NifMo

nova:2/21予約受付開始、2/24発売、3万3334円(一括)・月1389円×24回(分割)

nova lite:1万8889円(一括)・月1575円×12回(分割)

イオンモバイル

nova:2/24発売、3万7801円(一括)

nova lite:2万1801円(一括)

エキサイトモバイル

nova:2/24申し込み・2月下旬発売、3万2800円(一括)・月1366円×24回(分割)3万2800円

楽天モバイル

nova:2/21予約受付開始、2/24発売、34,800円(一括)・月1566円×24回(分割)

nova lite:2/21予約受付開始、2/24発売、1万9800円(一括)・月891円×12回(分割)

(価格は共に期間限定/Web限定)

・今のところ端末販売のない格安SIM会社(2月22日現在)

OCN モバイルONE、nuroモバイル、Freetelモバイル、U-mobile、UQモバイル、DMMモバイル、TONEモバイル、もしもシークス

3.周波数帯・バンド帯。800MHz帯採用で地方や山間部でも強い

・両機種の対応バンド

通信機能 3G : B1/5/6/8/193G : B1/5/6/8/19
FDD-LTE : B1/3/5/7/8/18/19/28
TD-LTE :

B38/40

LTE CA DL(国内) :

B1+B19

TD-LTE : B40
GSM : 1.9/1.8GHz/900/850MHz

・プラチナバンド対応で地方や山間部にも強い

LTEプラチナバンド18/19と3GFOMAプラスエリアに対応し、山間部や郊外などといった地域でも電波がつながりやすい

・LTE&3G プラチナバンド対応表

LTEプラチナバンド対応

(山間部・郊外などでも繋がる)

B8:○(ソフトバンク)B18:○(au)

B19:○(ドコモ)

3GドコモFOMAプラス対応(同) B6(800MHz):○

・HUAWEI nova / nova liteのLTE対応状況とキャリア3社の使用バンド帯

B 1 3 5 7 8 11 18 19 20 21 26 28
両機種
D
a
S

説明:B…バンド帯

D…ドコモ、a…au、S…ソフトバンク

・ドコモのバンド帯の説明

メインバンドはB1

周波数帯 説明
B1 2.1GHz帯 メインバンド。下り最大37.5〜112.5Mbps。カバー範囲は全国
B3 1.7GHz 下り最大150Mbps。東京、大阪、名古屋のみ。
B19 800MHz帯 下り最大75Mbps。郊外や山間部で使用。

遮断物に強く、建物の中にも届きやすい。

いわゆるプラチナバンド

B21 1.5GHz帯 下り最大112.5Mbps。北海道、東北、四国、北陸。
B28 700MHz帯 15年1月より使用。都市部。いわゆるプラチナバンド

・auのバンド帯の説明

メインはバンド18であるそうです。

周波数帯 説明
B1 2.1GHz帯 通常エリア:下り最大37.5〜50Mbps。
CA対応エリア:下り最大150Mbps。
B11 1.5GHz帯 下り最大 75Mbps。エリア狭らしい
B18 800MHz帯 下り最大37.5〜150Mbps。

auのメイン周波数帯。

建物内も強いプラチナバンド。

B26 800MHz帯
B28 700MHz帯 15年から利用開始。プラチナバンド。
・ソフトバンク&Y!mobile LTE回線
周波数帯 説明
B1 2.1GHz帯 ソフトバンクのメインバンド。

下り最大37.5〜112.5Mbps。4GLTE.

B3 1.8GHz Y!mobileのメインバンド。

下り最大75Mbps。4GLTE.

B8 900MHz帯 下り最大75Mbps。プラチナLTE。
B11 1.5GHz帯 下り最大42Mbps。
B28 700MHz帯 15年より使用。プラチナLTE

4.ベンチマーク。novaはAntutu ver.6で6万点台

・Huawei novaのAntutuベンチマーク

Huawei novaはAntutu ver.6で6万点台

・ディスプレイ性能

・Google Nexus6Pを上回る画面の明るさ

画面明るさ:424カンデラ

コントラスト:1:1494

情報元:expertreviews.co.uk

5.本体外観の様子(動画)

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク