【まとめ】レノボ製Androidスマホ「ZUK Z2」。Snapdragon820 / メモリ4GB / 容量64GBの高性能で約2万円の安さ

スポンサーリンク

レノボ「ZUK Z2」。チップセットにSnapdragon820を搭載。高性能ながらも約2万円

チップセットにSnapdragon820を備えながらも、価格200ドル(約2万円)とお買い得なレノボのスマートフォン、「ZUK Z2」の紹介です。

この販売価格を達成するため、いたるところでスペックダウンの爪痕がみられるものの、それでも、Snapdragon 820・メモリ4GB・ストレージ容量64GBで2万円のインパクトは強く、お買い得なスマートフォンであると言えそうです。

・外観の様子など

https://www.youtube.com/watch?v=D504g3dadWc
https://youtu.be/0YJ4grzD3Pg

・スペック

OS Android 6.0
CPU Snapdragon 820
画面 5.0インチ
画面

解像度

1920 x 1080

(フルHD)

記憶容量 64GB
メモリ 4GB eMMC 5.1
WiFi 802.11a/b/g/n
通信 GSM;850/900/1800/1900MHz

WCDMA

850/900/1900/2100MHz

FDD-LTE

850/900/1700

/1800/1900/2100

/2600MHz

カメラ メイン:1300万画素

フロント:800万画素

ポート USB Type-C
バッテリー 容量:3500mAh

バッテリー持続時間:ー

サイズ 14.10×6.90×0.90 cm
重さ 152g
その他 NFCは非搭載

microSDカード使用不可

・特徴

①:チップセットSnapdraggo 820、メモリ4GB、記憶容量64GBで200ドル

Galaxy S7シリーズやXperia XZ、LG G6など各社ハイエンドスマートフォンと同じl講師恵能チップセットをSnapdragon 820を搭載。またメモリ容量は4GB、記憶容量は64GB。

それでいて200ドルと、価格破壊力はピカイチです。

②:シンプルでなじみやすいデザイン

③:メモリは「eMMC5.1」規格。NFC搭載なし

コストダウンのためか、メモリ規格は最新「UFS 2.0」ではなく、より伝送スピードの遅い「eMMC5.1」を採用。

またNFC機能も搭載しません

④:micro SDカードスロットなし

同じくコストダウンのためか、micro SDカードスロットはありません。

・海外サイトのレビュー

notebookcheck

この中国メーカーの製品は、200ドルという本体価格ながらも、4GBメモリと64GBのストレージ、Snapdragon 820搭載と良い仕事をしている。

この価格を達成するために、メモリやカメラ画質、NFC削除などいたるところでコストダウンは見られるが、それが受け入られるなら、Xiaomi Mi5に近い製品としておススメできる。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク